機能

CAD による有限要素モデリングとメッシュ生成

Autodesk® Nastran® In-CAD には、モデルの理想化などの効率的なモデリング機能が搭載されています。メッシュ作成機能を使うと、梁モデルやボルト締結設計の解析を行えます。 

ページ ビュー:

    効率的なモデリング

  • 中立面メッシュの自動生成 新機能

    ソリッド CAD パーツを自動的にシェルとして理想化できるようになりました。これにより、モデルのサイズを縮小したり、薄いパーツに対する結果の精度を高めることができます。

  • フレーム ジェネレータによる理想化 新機能

    Autodesk Nastran In-CAD のフレーム ジェネレータを使用して作成したモデルを開くことができます。選択した部分が梁として自動的に理想化され、生成された梁は材料と断面の情報で更新できます。

  • 梁モデリング

    数百・数千のソリッド要素を使うのではなく、非常に少ない要素を使って、長く、細いコンポーネントを表すことができます。こうした要素のおかげですばやく正確に適切なモデリングを行えるため、断面またはジオメトリの最適化が利用しやすくなっています。

  • ボルトと接合

    自動ボルト接続モデリングを予荷重とともに使用することで、よく実行する複雑な締結シミュレーションを簡素化することができます。締結されたマシンや構造物が、動的な荷重に対して 1 つのアセンブリとしてより自然に応答するように、軸またはねじり予荷重を含めることができます。 モデルを簡単にメッシュに変換し、ボルトと接続の解析を行うソルバーを実行できます。