home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

永久ライセンスの変更

更新:2016 年 8 月 1 日

変更内容

当社は、創造の未来に向けたニーズに合わせてソフトウェア ソリューションをサブスクリプションで柔軟にご利用いただけるように提供することで、お客様のさらなる発展をお手伝いできるよう、事業を進化させています。

その一環として、このたびソフトウェア ソリューションをサブスクリプションのみで提供することになりました。2016 年 8 月 1 日をもって、ほとんどの製品の永久ライセンスの販売を終了し、サブスクリプション方式に完全に移行しました。

よくある質問トップ 3

既存の永久ライセンスを継続して使用することはできますか?

はい

既存の永久ライセンスの保守プランを継続して使用し、更新することはできますか?

はい

永久ライセンスの販売が終了しましたが、現在どのように製品を購入できますか?

サブスクリプションとして購入できます

詳細については、以下のよくある質問のセクションを参照してください。

1. 概要

1.1 どのような変更が行われたのですか?

オートデスクは、ほとんどの製品の永久ライセンスの販売を終了しました。今後、新規ライセンスはサブスクリプションでのみ提供されます。また、対象製品のクロスグレード オプションも、新規永久ライセンスの販売終了時に終了となりました。

また、オートデスクは、サブスクリプション サービスをわかりやすく簡潔に伝えるための、直感的な新しい用語を導入しました。基本的には、「Subscription」というブランド名を取り除くことで、お客様が事業ニーズに最適なソフトウェア ソリューションをより簡単に選択して購入できるようにしています。

サブスクリプションベースのサービス

次の一覧に、サブスクリプションの新しい用語を示します。

従来の用語

新しい用語

Desktop Subscription、Cloud Service Subscription

シングルユーザー アクセスのサブスクリプション

「Network Subscription」

マルチユーザー アクセスのサブスクリプション

永久ライセンスで使用できるサービス

従来の用語

新しい用語

Maintenance Subscription

保守プラン

1.2 移行の対象となったのはどの製品ですか?

オートデスクは、世界中のすべての国において、ほとんどの製品の新規永久ライセンスの販売を終了しました。該当製品の一覧を表示

1.3 この変更は世界中で行われたのですか?

はい

1.4 永久ライセンスの販売を終了したのはなぜですか?

今回の変更で、当社はサブスクリプションでの提供に移行しました。この移行の目的は、お客様の利便性を向上させることです。たとえば、初期費用を抑えながら必要に応じた使用期間を選択できるようになり、お客様の選択の幅が広がりました。今後も、導入・管理・機能拡張・購入手続きなどの簡素化を実現していきます。また、複数端末からのアクセス性向上*、クラウド サービスとの連携の向上、異なるデータファイル形式の互換性向上などにも引き続き取り組みます。

1.5 今回の変更によって、永久ライセンスとして購入したソフトウェアは使えなくなりますか?

いいえ。お客様が既に永久ライセンスをお持ちか、販売終了までに新規永久ライセンスを購入した場合、永久ライセンスは維持されますので、その永久ライセンスの使用許諾契約に従って引き続きご利用いただけます。また、そのソフトウェア製品に保守プラン契約がある場合、このサービスを引き続きご利用いただけます。

1.6 この変更は、保守プランメンバーにはどのような影響がありますか?

現在保守プランメンバーのお客様は、希望する限りその製品に対する保守プラン契約を更新でき、対応する特典を引き続き利用できます。ただし、永久ライセンスの販売が終了したことで、新規永久ライセンスの購入はできなくなりました。

1.7 この移行に際してオートデスクはどのような支援を行いましたか?

お客様ができるだけ円滑にサブスクリプションベースのソリューションに移行できるよう、次のような取り組みを行っています。

  • 変更のおよそ 1 年前にその内容をお知らせし、選択肢をご検討いただけるように配慮しています。
  • お客様は、希望する限り保守プラン契約を更新でき、対応する特典を引き続き利用できます。
  • Autodesk Account ですべての製品、サブスクリプション、サービスを一元管理していただけるよう整備しています。
  • 複数年の期間オプションにより、お客様のサブスクリプション料金を固定できるようにします。
1.8 クラウドベースのサービスに何か変更はありますか?

BIM 360、PLM 360(日本未発売)、Fusion 360 など、別途ご購入いただいたクラウドベースのサービスは引き続きご利用いただけます。既にご契約いただいている保守プランやサブスクリプションの特典として含まれているクラウド サービスは、該当するサービスに引き続き含まれます。

1.9 永久ライセンスの販売が終了しましたが、既存の永久ライセンスのネットワーク アクティベーションは購入できますか?

いいえ。販売終了となった永久ライセンスについては、スタンドアロンの永久ライセンスを共有ネットワーク ライセンスに変換することはできません。新規または追加の共有ネットワーク ライセンスが必要なお客様がマルチユーザー アクセスのサブスクリプションを購入する場合は、単体製品または新しい業界別コレクションをご利用いただけます。

2. オートデスクの製品とサービスのサブスクリプションメンバーになる

2.1 オートデスクの製品やサービスのサブスクリプションメンバーになると何を得られますか?

サブスクリプションにより、期間を指定してオートデスクのソフトウェアを使用する権利が得られ、そのサブスクリプション契約を更新することもできます。サブスクリプションメンバーになった場合、使用期間が限定されているものの、永久ライセンスとまったく同じフルバージョンのソフトウェアが提供されます。ご使用期間分のみお支払いただく方式ですので、ソフトウェアの予算やライセンス数を柔軟に管理できます。詳細については、次のサイトをご覧ください: www.autodesk.co.jp/subscription

2.2 サブスクリプションでは、データはクラウドに保管されるのですか?

サブスクリプションで入手したデスクトップ ソフトウェアとその製品で使用するデータは、従来通りお客様のローカル コンピュータにインストールされます。クラウド サービスのアプリケーションはクラウド上で実行されます。データをクラウドに保管するか、ローカル コンピュータに残すかはお客様の使い方次第です。

2.3 サブスクリプションの主な特長と利点は何ですか?

サブスクリプションメンバーになると、ソフトウェアを複数のデバイスに*インストールして使用できるという優れた柔軟性が得られます。さらに、サブスクリプションメンバーは、次の特典を利用できます。

  • 最新ソフトウェアと機能強化の利用
  • 前バージョン使用特典
  • 海外持ち出し特典
  • 技術サポート
  • 永久ライセンスに保守プランを契約した場合と同様のクラウド サービスの利用
2.4 現在どのようなライセンス オプションがありますか?

お客様のニーズに合わせて最適なソリューションを選択していただけるよう、オートデスクは次のオプションを用意しています。

シングルユーザー アクセス
ライセンスは特定のユーザに割り当てられ、
他のユーザと共有することはできません

マルチユーザー アクセス
ネットワーク サーバ上で
ライセンスを共有できます**

推奨ユーザ

個人

チーム

ライセンスの共有

できない

できる

2.5 シングルユーザー アクセスとマルチユーザー アクセスの違いは何ですか?

シングルユーザー アクセスとマルチユーザー アクセスは非常に似ていますが、次の点が異なります。

シングルユーザー アクセス

マルチユーザー アクセス

ライセンスを共有できる

いいえ

はい**

利用可能な製品

業界別コレクション
単体製品
クラウドサービス

業界別コレクション
単体製品
クラウドサービス

ライセンス検証のために、少なくとも 30 日に 1 回はインターネットに接続する必要がある

はい

いいえ

期間の選択肢

1 ヵ月
3 ヵ月
1 年
複数年(2 年または 3 年)

1 年
複数年(2 年または 3 年)

はい

いいえ
オートデスク認定販売パートナーまたは直接オートデスクにお問い合わせください

2.6 サブスクリプションにおける製品の前バージョン使用特典は今後もサポートされますか?

有効なサブスクリプションをお持ちのお客様は、対象となるオートデスク ソフトウェアの前バージョンのライセンスを利用できます。詳細については、Autodesk Knowledge Network「Autodesk Subscription Previous Version Rights Eligibility」(オートデスク サブスクリプションの前バージョン使用特典の対象製品)を参照してください。

2.7 教育機関や行政機関のユーザもサブスクリプションを利用できますか?

利用の可能性についての詳細は、オートデスク認定販売パートナーまたはオートデスクの担当営業にお問い合わせください。

3. 保守プラン

3.1 保守プランとは何ですか?

永久ライセンスをお持ちのお客様が保守プランを契約すると、ソフトウェアの最新バージョンと機能強化の利用、技術サポートの利用、そして多くの場合、契約の有効期間中は、特定のクラウド サービスを利用できるという特典を得られます。保守プラン利用規約は、個別に購入済みの永久ライセンスに対して適用されます。

3.2 現在保守プランを契約しているユーザにどのような影響がありますか?

現在保守プランをご契約のお客様は、契約を更新し続ける限りサービスを受けられます。第 1.2 項に示された製品で特典の利用を継続するには、有効期間内に保守プラン契約を更新することが大切です。

3.3 現在契約している保守プランの有効期限が切れたらどうなりますか?

所有している永久ライセンスの保守プラン契約を期限までに更新しなかった場合、最新機能と特典の利用を継続するには、その製品のサブスクリプションメンバーになる必要があります。

3.4 現在の保守プランはいつまで継続できますか?

新規永久ライセンスの販売は終了しましたが、保守プランは継続して提供します。現在保守プランメンバーのお客様は、希望する限りその契約を更新し続けることができます。

3.5 現在の保守プランに別の永久ライセンスを追加することはできますか?

いいえ。既存の保守プランに永久ライセンスを追加することはできません。

3.6 現在の保守プラン契約を更新しないとどうなりますか?

保守プラン契約を更新しなかった場合でも、お持ちの永久ライセンスを引き続き使用することは可能です。ただし、機能アップデート、技術サポート、柔軟なライセンス権、クラウド サービスなどを利用する権利を失います。保守プラン契約を更新しなかった場合は、製品のサブスクリプションメンバーになることで最新機能と特典を利用できるようになります。

3.7 保守プランには複数年契約がありますか?

オートデスクは引き続き保守プランの複数年契約オプションをご用意します。これにより、ソフトウェアの最新版を利用できるとともに、契約期間内のコストを固定できます。

4. Enterprise 契約について

4.1 この変更で Enterprise 契約にどのような影響がありますか?

現在 Enterprise Flex、Multi-Flex または Token Flex Offerings を含む Enterprise 契約に直接的な変更はありません。

4.2 ソフトウェアについて無期限の権利を含む Enterprise 契約者は、契約が終了するとどうなりますか?

契約終了時に、契約を更新せずに永久ライセンスをそのまま使用し続ける、あるいは保守プラン契約を更新して永久ライセンスを使用し続ける、のいずれかを選択できます。

4.3 Enterprise 契約者は、契約内で新規の永久ライセンスを追加することができますか?

2016 年 7 月 31 日以前に有効な Enterprise 契約をお持ちのお客様は、現在の当該サービスの利用規約の条項に従って新規の永久ライセンスを購入できます。

4.4 Enterprise ライセンス モデル(Autodesk Multi-Flex、Autodesk Enterprise Token Flex)は引き続き利用できますか?

利用できます。新しい Enterprise 契約について検討している場合は、Autodesk Multi-Flex や Autodesk Enterprise Token Flex のライセンス モデルを購入することも引き続き視野に入れてください。

4.5 Enterprise 契約の内容について教えてください

Enterprise 契約をお持ちのお客様は、オートデスクの担当営業に直接お問い合わせください。

5. その他

5.1 この変更で、インターネット接続を利用していないユーザにどのような影響がありますか?

インターネット接続を利用していないお客様には、マルチユーザー アクセスのサブスクリプションをお勧めします。このアクセス権のタイプでは、インターネットに接続せずにソフトウェアを使用できます。

5.2 この変更で教育機関のユーザにどのような影響がありますか?

教育機関のお客様への影響はありません。引き続き教育ライセンスを無償で利用できます。詳細は、http://www.autodesk.co.jp/education/free-software/all をご覧ください。

 

*複数のユーザによる同時使用の制限が適用されます

**許可されている最大ライセンス数に従います