home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Autodesk Insight 360

Insight 360 (英語)のインタフェースを使用して、パフォーマンス データと高度な解析エンジンに一元的にアクセスすることにより、建物のパフォーマンスを最適化することができます。

Insight 360 を使用すると、新たに豊富な拡張カスタマイズ オプションが追加された Revit のエネルギー解析や照明解析などのワークフローを統合することができます。 

新しいソーラー解析ワークフローにより、太陽光発電エネルギー生成が把握できるようになるばかりではなく、マス要素や建築要素サーフェスで太陽輻射を視覚化することができます。Insight 360 は EnergyPlus の機能も使用して、Revit 2017 における動的な冷暖房負荷解析を提供します。

[エネルギー コスト範囲]係数を使用して、考えられる設計結果の範囲を即時に表示したり、エネルギー パフォーマンスの重要な要因をすばやく特定することができます。考えられる設計シナリオは膨大な数にのぼるため、方位、エンベロープ、WWR、照明器具、スケジュール、空調設備や太陽光発電などによる影響を視覚化することは、これまでは簡単なことではありませんでした。

設計シナリオを保存して比較することにより、建築のライフサイクル全体にわたって一貫した方法でパフォーマンスを追跡できるようになります。情報をプロジェクトの関係者と共有し、Architecture 2030 と ASHRAE 90.1 のベンチマークに対してパフォーマンスを測定することができます。