home login search menu close-circle arrow-dropdown-up arrow-dropdown arrow-down arrow-up close hide show info jump-link play tip external fullscreen share view arrow-cta arrow-button button-dropdown button-download facebook youtube twitter tumblr pinterest instagram googleplus linkedin email blog lock pencil alert download check comments image-carousel-arrow-right show-thick image-carousel-arrow-left user-profile file-upload-drag return cta-go-arrow-circle circle circle-o circle-o-thin square square-o square-o-thin triangle triangle-o triangle-o-thin square-rounded square-rounded-o square-rounded-o-thin cta-go-arrow alert-exclamation close-thick hide-thick education-students globe-international cloud sign-in sign-out target-audience class-materials filter description key-learning pdf-file ppt-file zip-file plus-thick three-circle-triangle transcript-outline

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Revit の相互運用性

大規模なプロジェクト チームのメンバーと効率的に作業を行うことができます。Revit では、DWG™、DXF™、DGN、IFC データなどの一般的な形式で、データの読み書きやリンクを行うことができます。重要なメタデータを持つ建物モデルや建築敷地を土木設計ソフトウェア AutoCAD Civil 3D に書き込み、機械設計ソフトウェア Inventor 3D からモデルを読み込むことができます。

リンクされた IFC モデル内の既存のジオメトリを、Revit モデルの一部の面に基づくファミリの寸法、位置合わせ、スナップ、ホストの参照として使用することができます。IFC ファイルをリンクすると、そのファイルの要素が既定のフェーズに割り当てられ、オープン スタンダードがさらに緊密に Revit に統合されます。ホスト モデル内で部屋を作成する際に、IFC ベースのさまざまな要素を使用して部屋の境界を設定することができます。

オートデスク製品は、BIM の相互運用性と、オープン ソース データ交換方式(IFC など)をサポートします。Revit 2017 は、IFC 規格の Coordination View 2.0 読み込みおよび書き出しにより、BuildingSMART International の認定を取得しています。Revit は、書き出しとリンクで IFC4 Reference View および IFC4 Design Transfer などの MVD をサポートしています。