autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

設計ツールの機能強化

新しい皮相負荷計算オプション、温度差パラメータ タイプ、タップの継手における圧力損失への対応により、エンジニアリング データを効率的にやり取りすることができます。

皮相負荷計算オプションを使用して、電気負荷の計算方法をコントロールすることができます。設定されている負荷値を満たすには、実負荷と無効負荷を合計するか(これが既定の方法です)、簡単な方法として、皮相負荷を合計します。

新しい温度差パラメータ タイプを使用すると、ファミリ定義における設計の計算が簡素化されます。新しい単位タイプ パラメータにより、デルタ T を簡単に計算することができます。この値は、他の計算で使用することもできます。

圧力損失テーブルをダクトの継手タップに関連付けることにより、ダクト ネットワークに対してより正確な圧力損失を計算することができます。  その後、Revit により、タップの継手のメインと分岐に沿って、圧力損失が計算されます。