Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

ワークシェアリング

チームのワークフロー要件とプロジェクト要件に基づいて、より効率的なコラボレーションの方法を選択できます。ワークシェアリングにより、パラメトリックな建築モデリング環境のメリットをプロジェクト チーム全体で活用することができます。複数の分野の Revit ユーザが同一のインテリジェントなビルディング インフォメーション モデルを共有して、中央ファイルに作業内容を保存することができます。

Revit のワークシェアリング機能により、すべてのコラボレーション モード(完全なオンザフライ モード、共有モデルへの同時アクセス モード、プロジェクトをいくつかの独立した共有単位に分割する分割モード)を使用することができます。これにより、プロジェクト要素やシステムを、個別に管理されるリンク モデルに分割することができます。

複数のユーザが 1 つのモデルで作業を行い、変更内容を一元的に保存