機能

高度な構造解析 ソフトウェア

Robot™ Structural Analysis Professional 構造ソフトウェアにより、設計者はシミュレーション、解析、あらゆるタイプの構造に対するコードベースの設計をより迅速に実行することができます。

ページ ビュー:

    解析とシミュレーション

  • コンポジット梁設計 新機能

    鉄鋼とコンクリートの両方のプロパティを組み合わせて、それらの合成挙動を設計・解析できます。ローカルなコード要求に従って、床平面と梁の間の解析を実行できます。

  • 風荷重シミュレーション

    仮想的な風洞シミュレーションにより、構造設計の初期段階で風荷重に対するテストを行えます。風荷重の生成結果を使用してさらに詳しい分析を行ったり、コードベースのアプローチを確認したりできます。風による建物への悪影響を事前に予測することで、費用のかかる構造システムの変更を回避することができます。

  • 高度な自動メッシュ生成機能と構造モデリング機能

    強力な自動メッシュ生成手法により、構造エンジニアは非常に複雑なモデルでも簡単に操作することができます。ネイティブの自動メッシュ生成機能と手動によるメッシュ生成パラメータ定義を、各パネルで個別に操作できます。高品質な有限メッシュを生成するために、効果的な構造解析フトをご利用ください。

  • 直接解析法(DAM)

    直接解析法(DAM)は安定性設計のための AISC アプローチであり、すべての構造システム タイプの鉄骨構造に適用できます。DAM を実装すると、次のような利点があります。

    • 厳密で、実用的で、カスタマイズ可能です。
    • 解析と設計にかかる時間はほとんど変わらず使いやすく信頼性の高い結果が得られます。
    • コード要求された安定性効果のすべてを熟考できます。
  • 幅広い解析機能

    あらゆる構造タイプの線形および非線形の動作を確認できます。構造設計者は、簡潔で効果的な静的解析、固有値解析、非線形構造解析を有効活用して、地震解析や時間歴解析などを実行することができます。

  • ダイナミック解析ソルバー

    高速なダイナミック ソルバーにより、あらゆる規模の構造物の動的構造解析を実施できます。クアッドコアおよびマルチコアのコンピュータ プロセッサ用に、効率的な解析アルゴリズムを設計し、最適化できます。高い精度を要求される構造物のための正確な解析結果を、数時間ではなく数分単位で実現できる、優れた計算速度を構造エンジニアに提供します。

    コードベースの検証と設計

  • 材料と設計基準のサポート

    60 種類を超えるグローバル断面と材料データベースに、簡単にアクセスできます。70 種類もの設計基準が搭載されており、1 つの統合モデル内で、各国の断面形状、フィート/インチ法またはメートル法の単位、各国の建築基準を使用できます。

  • 鉄鋼、コンクリート、木材

    40 以上の国際鋼構造規格と 30 以上の鉄筋コンクリート規格に準拠した、鉄筋コンクリート設計モジュールと鋼構造設計モジュールが搭載されています。

  • 構造荷重と荷重組み合わせ

    荷重の持続時間とタイプに応じて、固定、積載、風、地震などの定義済みの荷重を作成できます。定義された荷重条件に対応するように、構造物に異なるタイプ(節点、線形、平面)の荷重を適用します。さまざまな国際規格の荷重組み合わせ定義があり、それに手動と自動も含まれています。

    コラボレーションとレポート生成

  • BIM の統合ワークフロー

    建築設計ソフトウェア Revitと Robot Structural Analysis Professional との相互運用性により、反復的な設計プロセスとデータ交換が可能になります。 デザイナーと設計者との間のコラボレーションが強化され、構造設計者はビルディング インフォメーション モデリング(BIM)(英語)の価値をさらに実感できます。

  • グローバル市場向けにローカライズ

    複数の言語を使用する多国籍な設計チームをサポートします。構造解析を実行した言語とは別の言語で出力することもできます。利用可能な言語は、英語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ルーマニア語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、中国語、日本語です。同じ構造モデル内でインチ/フィート単位とメートル単位の両方を同時に使用して、グローバルな利用に対応できます。

  • オープンで柔軟な API

    Robot Structural Analysis Professional は、オープンで柔軟な API を使用するために、Microsoft コンポーネント オブジェクト モデル(COM)技術を使用しています。

  • 解析結果のレポート

    構造解析の結果を柔軟に取得およびレポートできます。解析データにアクセスして提出するためのさまざまな方法を使って、構造設計者はニーズに適した最終ドキュメントの準備を、よりすばやく行うことができます。