機能

振動解析ツール

Simulation Mechanical には、エンジニアが高度なシミュレーションを簡単にセットアップするのに役立つ振動解析ツールが含まれています。これには、メカニカル イベント シミュレーション(MES)、Autodesk Nastran FEA ソルバ― ソフトウェア、マルチフィジックス シミュレーション、マルチ CAD 形式のサポート、クラウド解析オプション、複合材料などがあります。

 Simulation Mechanical Flex ライセンスを購入するとクラウド サービスをご利用いただけます。

ページ ビュー:

    有限要素の作成と解析

  • 自動メッシュ生成

    多数のソースにある CAD ソリッドまたはサーフェス ジオメトリに基づいて、または 2D のアウトライン スケッチに基づいてメッシュを生成できます。

  • 構造メッシュ

    モデル内のすべての要素のサイズ、形状、品質をコントロールするには、構造メッシュを使用します。Simulation Mechanical 内で直接構造メッシュを構築できます。ソリッドやサーフェスなどの CAD モデルは必要ありません。

  • 混合モデルのサポート

    線分、シェル、ソリッドなどの要素タイプを 1 つのモデルに結合して、複雑なアセンブリをより効率的に解析できます。ブリック、4 面体、トラス、梁、剛体、アクチュエータ、滑車、膜、複合材料などの要素タイプも結合することができます。メッシュ化された CAD ベースのジオメトリと手作業で作成した有限要素を簡単に結合できます。特定の CAD ソフトウェアと連動する解析環境を使用して、仮定スタディを簡単に実行できます。

  • 圧力容器

    この製品に含まれる PV/Designer を使用して圧力容器とそれに関連するコンポーネント作成できます。また、このツールを使用して、解析要件に準拠するメッシュを生成することもできます。Simulation Mechanical を使用して容器の性能をシミュレートすることができ、製品仕様を満たしているかを確認できます。

  • 複合材料パーツ定義

    破壊判定基準を使って、レイヤごとのプロパティと複合材料パーツの繊維配向に対応できます。Simulation Mechanical は Helius Composite(英語)と連携してどの複合材料レイアウトを使用すべきかの決定を支援し、さまざまなマテリアル(鋼鉄、ゴム、およびその他の繊維と複合材料)を含むアセンブリ全体を考慮した解析を支援します。

  • Autodesk Nastran ソルバー

    より正確で信頼性の高いシミュレーションを実行できます。Autodesk Nastran FEA ソルバー ソフトウェア(英語)(Simulation Mechanical に同梱)に搭載されるソルバーを使用すると、高度な解析機能を利用できます。 NAFEMS(英語)、オートデスクの物理的な試験研究室、その他の公開されているベンチマークを使って厳密な検証を行うことにより、信頼できる結果を得るために必要な精度を確保できます。

    構造解析

  • 幅広い解析機能

    振動解析、熱解析、電流や電圧などの静電荷重といった、アセンブリの応答を調査します。

  • 非線形構造解析

    Simulation Mechanical を使用することにより、線形解析から非線形解析に切り替えるタイミングとその理由を把握することができます。

  • 振動解析

    パーツやアセンブリで発生する振動の問題が、線形か非線形かを特定できます。ランダム応答解析、調和解析、応答スペクトル解析、衝撃解析(DDAM)、時間履歴解析などの解析タイプを実行し、振動に対する必要条件を満たすことができます。時間に依存する荷重と周波数に依存する荷重による、応力、変位、モデルの安全率の確認が可能です。

  • メカニカル イベント シミュレーション(MES)

    この強力な非線形動的解析ツールを使用して、落下試験、影響分析、金属成形のシミュレーションを行うことができます。

  • 熱解析

    対流、伝導、輻射を考慮した熱伝導解析ができます。温度と熱流束を確認します。熱荷重と結果は定常または非定常で表されます。非定常の場合、一定の期間にわたる温度の変化を確認することができます。

  • 疲労シミュレーション

    組み込みの疲労シミュレーションは、製品の不具合がいつ、どの箇所に発生するかを特定するのに役立ちます。応力またはひずみに基づく疲労解析を実行することにより、製品の寿命と安全率を確認できます。Simulation Mechanical には、低サイクルと高サイクルの疲労解析オプションが用意されています。

  • パラメトリックなデザイン スタディ

    さまざまな種類の Inventor の 3D CAD モデルを Simulation Mechanical に読み込み、そのパラメータを操作しながら解析できます。寸法とフィーチャ省略の範囲を解析することにより、設計の効率化、簡略化ができます。

  • 落下試験解析

    落下試験ウィザードは、試験のシナリオの作成を容易にします。高さ、重力、方向、その他の詳細を指定するだけです。

  • 設計の最適化

    適切な設計寸法を自動的に選択できる設計最適化ユーティリティを使用すると、最適なプレートの厚さとビーム断面を指定できます。このユーティリティは、ビームまたはプレート式の要素を含むすべての構造に対して機能します。

  • 衝撃解析(DDAM)

    DDAM は、容器の急激な動きによって発生する衝撃荷重へのコンポーネントの動的応答を予測する衝撃スペクトル解析の一種です。DDAM は、さまざまな船上装置(マスト、推進軸、舵、排気管、その他の重要構造物)の据え付けにおける衝撃応答を解析する場合に使われます。

    マルチフィジックス

  • 解析タイプを組み合わせる

    Simulation Mechanical を使用すると、数多くのマルチフィジックスのワークフローを完了できます。標準的なエンジニアリングの専門用語、視覚的プロセスのガイダンス、さらには複数の解析におけるシミュレーション結果を転送するための使いやすいツールとウィザードなどにより、高度なシミュレーションの設定を行うことが容易になりました。デザイナー、設計者、解析担当者は、高度な数値やシミュレーション手法にではなく、製品の性能に集中することができます。

  • CFD との相互運用性

    機械コンポーネントで熱応力と流動応力(流体構造の相互作用)をシミュレートするために、CFD ソフトウェアで行った圧力と温度の解析結果を適用できます。流れ解析シミュレーションが完了したら、Simulation Mechanical 内で CAD モデルを起動し、設定を割り当てて熱応力解析を定義し、温度のソースとして CFD のデザイン スタディファイルを選択します。

  • Moldflow との相互運用性

    プラスチック成形品の設計を検証および最適化できます。プラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェア Moldflow と Simulation Mechanical 間で、繊維配向や残留応力を含むデータ交換を行えます。

    シミュレーション結果とデータ管理

  • 応力の線形化 新機能

    線形静的応力解析では、カスタマイズ可能な応力分類線(SCL)を定義し、ASME ボイラと圧力容器コード(英語)(セクション 8、ディビジョン 2)に基づいて応力線形化を実行します。 SCL および結果の曲げ応力/膜応力の強度に沿ってローカル応力テンソルを決定します。出力は、フォンミーゼス応力と最大せん断応力を組み合わせた方程式に基づきます。

  • 安全率

    各コンポーネントの材料の強度に基づき、すべての線形設計における安全率を解析して出力できます。ほとんどのマテリアル ライブラリではあらかじめ許容応力が定義されていますが、ユーザ独自の許容値を選択することもできます。

  • 詳細レポート

    カバー ページ、目次、材料情報、境界条件、メッシュ特性、解析結果にイメージやアニメーションも含めたレポートをすばやく作成できます。さまざまな出力形式から選択できます。 

  • Vault との統合

    データ管理ソフトウェア Vault は、Simulation Mechanical のインタフェースに組み込まれています。検索やリビジョン コントロールに使用できるだけでなく、知的財産の保護にも役立ちます。

  • 高度なビジュアライゼーション

    他のオートデスク製品と統合して、高品質のレンダリングを作成できます。解析結果を FBX ファイルに保存したら、3ds Max(3D モデリング ソフトウェア)や VRED(3D ビジュアライゼーション ソフトウェア)にインポートしたり、Showcase(3D プレゼンテーション ソフトウェア)(英語)に直接データを転送することができます。

    効率性の向上

  • SimStudio Tools を使用したジオメトリの準備 新機能

    ジオメトリをすばやく修正、簡略化、修復、最適化することにより、高品質なシミュレーション モデルを作成できます。SimStudio Tools はさまざまな CAD ファイル形式を読み込むことができ、不要な詳細をすばやく除去したり、中間サーフェスを作成したり、基本的な修復を行ったり、簡単に設計を変更したりできるため、数多くの設計のアイデアをすばやく試すことができます。

  • Inventor との相互運用性 新機能

    Inventor と結合してデータを共有できます。ソリッド/サーフェス/溶接などのジオメトリ、3D スケッチ、作業点、材料、Inventor Simulation  のセットアップ データ、パーツ名と色をインポートできます。CAD ジオメトリを修正する際、サーフェス、エッジ、パーツベースの荷重と拘束は維持されます。Inventor パラメータを Simulation Mechanical から編集できます。自動化されたパラメトリック スタディにより、便利な仮定解析と最適化解析を実行できます。

  • 複数の形式の CAD データのインポート

    AutoCADInventor、Dassault Systèmes SolidWorks(英語)、Dassault Systèmes Catia、PTC ProE(英語)、PTC CREO の各ソフトウェア、および NX、Rhino、IGES、STEP の各形式のファイルを直接インポートして設計を評価できます。 CAD モデルのメッシュ化が完了すると、その CAD モデルと Simulation Mechanical のモデル間に接続が生成され、維持されるようになります。CAD パッケージと Simulation Mechanical が起動したままの状態で CAD モデルが変更された場合は、CAD モデルが転送された後、Simulation Mechanical モデルが自動的に以前のメッシュ設定を使用してサーフェスをメッシュ化します。

  • 使いやすいインタフェース

    単一の共通ユーザ インタフェースを介してモデルのインポート、シミュレーションのセットアップと実行、解析結果の視覚化とレポートの生成を行えます。すべてのユーザ入力と結果のビューは、レポート生成ツールによって自動的に HTML 形式のレポートに変換されます。このファイルを PDF または MS Word ドキュメントとして保存することができます。

  • クラウド サービス

    柔軟なクラウドの解析オプション

    解析の選択肢が拡張され、必要に応じてローカルまたはクラウドでシミュレーションを行うことができるようになりました。解析の設定をテストしている場合は、ローカル コンピュータを使用して反復作業と最適化を行います。より時間がかかり、多くの計算能力を必要とするシミュレーションを開始する準備ができたら、クラウドの力を利用し、ローカル リソースは他のタスクで使えるように解放します。

  • マテリアル ライブラリ

    9,000 種類を超える組み込みのライブラリには構造用鋼から強化樹脂までが備わっており、製品の実際の動作をより詳しく理解するのに役立ちます。カスタム データの追加と管理は非常に簡単です。Simulation Mechanical には MatWeb と Matereality が統合されており、手作業での入力とインポートのオプションも利用可能です。