機能

熱応力解析のためのソフトウェア

Simulation Mechanical ソフトウェアを使用すれば、熱応力とマルチフィジックス解析を実行できます。このマルチフィジックスという特別な解析手法は、1 つの解析タイプの結果を瞬時に荷重または初期条件として使用するものであり、実際の製品の動作を予測するのに役立ちます。

ページ ビュー:

    マルチフィジックス

  • 解析タイプを組み合わせる

    Simulation Mechanical を使用すると、数多くのマルチフィジックスのワークフローを完了できます。標準的なエンジニアリングの専門用語、視覚的プロセスのガイダンス、さらには複数の解析におけるシミュレーション結果を転送するための使いやすいツールとウィザードなどにより、高度なシミュレーションの設定を行うことが容易になりました。デザイナー、設計者、解析担当者は、高度な数値やシミュレーション手法にではなく、製品の性能に集中することができます。

  • CFD との相互運用性

    機械コンポーネントで熱応力と流動応力(流体構造の相互作用)をシミュレートするために、CFD ソフトウェアで行った圧力と温度の解析結果を適用できます。流れ解析シミュレーションが完了したら、Simulation Mechanical 内で CAD モデルを起動し、設定を割り当てて熱応力解析を定義し、温度のソースとして CFD のデザイン スタディファイルを選択します。

  • Moldflow との相互運用性

    プラスチック成形品の設計を検証および最適化できます。プラスチック射出成形シミュレーション ソフトウェア Moldflow と Simulation Mechanical 間で、繊維配向や残留応力を含むデータ交換を行えます。