機能

信頼性の高い、多機能な FBX のインポート

Simulation Mechanical のレポート生成機能を使用すると、解析結果を簡単に共有できます。FBX のインポート機能を使って他のオートデスク ソフトウェアとファイルを共有することにより、ハイエンドのレンダリングを作成して結果を高度に視覚化することができます。統合された Vault データ管理ソフトウェアを使って解析プロジェクトを共有すれば、チームの生産性を向上させることができます。

ページ ビュー:

    シミュレーション結果とデータ管理

  • 応力の線形化 新機能

    線形静的応力解析では、カスタマイズ可能な応力分類線(SCL)を定義し、ASME ボイラと圧力容器コード(英語)(セクション 8、ディビジョン 2)に基づいて応力線形化を実行します。 SCL および結果の曲げ応力/膜応力の強度に沿ってローカル応力テンソルを決定します。出力は、フォンミーゼス応力と最大せん断応力を組み合わせた方程式に基づきます。

  • 安全率

    各コンポーネントの材料の強度に基づき、すべての線形設計における安全率を解析して出力できます。ほとんどのマテリアル ライブラリではあらかじめ許容応力が定義されていますが、ユーザ独自の許容値を選択することもできます。

  • 詳細レポート

    カバー ページ、目次、材料情報、境界条件、メッシュ特性、解析結果にイメージやアニメーションも含めたレポートをすばやく作成できます。さまざまな出力形式から選択できます。 

  • Vault との統合

    データ管理ソフトウェア Vault は、Simulation Mechanical のインタフェースに組み込まれています。検索やリビジョン コントロールに使用できるだけでなく、知的財産の保護にも役立ちます。

  • 高度なビジュアライゼーション

    他のオートデスク製品と統合して、高品質のレンダリングを作成できます。解析結果を FBX ファイルに保存したら、3ds Max(3D モデリング ソフトウェア)や VRED(3D ビジュアライゼーション ソフトウェア)にインポートしたり、Showcase(3D プレゼンテーション ソフトウェア)(英語)に直接データを転送することができます。