機能

マルチ CAD のサポートと大規模なマテリアル ライブラリ

Simulation Mechanical の直感的なインタフェースと柔軟な解析オプションにより、さらに効果的な機械設計のシミュレーションを行えます。このソフトウェアがサポートするさまざまな CAD モデル形式と広範なマテリアル ライブラリに関する詳細をご確認ください。

 Simulation Mechanical Flex ライセンスを購入するとクラウド サービスをご利用いただけます。

ページ ビュー:

    効率性の向上

  • SimStudio Tools を使用したジオメトリの準備 新機能

    ジオメトリをすばやく修正、簡略化、修復、最適化することにより、高品質なシミュレーション モデルを作成できます。SimStudio Tools はさまざまな CAD ファイル形式を読み込むことができ、不要な詳細をすばやく除去したり、中間サーフェスを作成したり、基本的な修復を行ったり、簡単に設計を変更したりできるため、数多くの設計のアイデアをすばやく試すことができます。

  • Inventor との相互運用性 新機能

    Inventor と結合してデータを共有できます。ソリッド/サーフェス/溶接などのジオメトリ、3D スケッチ、作業点、材料、Inventor Simulation  のセットアップ データ、パーツ名と色をインポートできます。CAD ジオメトリを修正する際、サーフェス、エッジ、パーツベースの荷重と拘束は維持されます。Inventor パラメータを Simulation Mechanical から編集できます。自動化されたパラメトリック スタディにより、便利な仮定解析と最適化解析を実行できます。

  • 複数の形式の CAD データのインポート

    AutoCADInventor、Dassault Systèmes SolidWorks(英語)、Dassault Systèmes Catia、PTC ProE(英語)、PTC CREO の各ソフトウェア、および NX、Rhino、IGES、STEP の各形式のファイルを直接インポートして設計を評価できます。 CAD モデルのメッシュ化が完了すると、その CAD モデルと Simulation Mechanical のモデル間に接続が生成され、維持されるようになります。CAD パッケージと Simulation Mechanical が起動したままの状態で CAD モデルが変更された場合は、CAD モデルが転送された後、Simulation Mechanical モデルが自動的に以前のメッシュ設定を使用してサーフェスをメッシュ化します。

  • 使いやすいインタフェース

    単一の共通ユーザ インタフェースを介してモデルのインポート、シミュレーションのセットアップと実行、解析結果の視覚化とレポートの生成を行えます。すべてのユーザ入力と結果のビューは、レポート生成ツールによって自動的に HTML 形式のレポートに変換されます。このファイルを PDF または MS Word ドキュメントとして保存することができます。

  • クラウド サービス

    柔軟なクラウドの解析オプション

    解析の選択肢が拡張され、必要に応じてローカルまたはクラウドでシミュレーションを行うことができるようになりました。解析の設定をテストしている場合は、ローカル コンピュータを使用して反復作業と最適化を行います。より時間がかかり、多くの計算能力を必要とするシミュレーションを開始する準備ができたら、クラウドの力を利用し、ローカル リソースは他のタスクで使えるように解放します。

  • マテリアル ライブラリ

    9,000 種類を超える組み込みのライブラリには構造用鋼から強化樹脂までが備わっており、製品の実際の動作をより詳しく理解するのに役立ちます。カスタム データの追加と管理は非常に簡単です。Simulation Mechanical には MatWeb と Matereality が統合されており、手作業での入力とインポートのオプションも利用可能です。