ユーザ事例

製品を活用されているお客様の事例をご覧ください

Simulation 製品を使用するさまざまな企業の成功事例をご紹介します。

 

ものづくりそのものに踏み込んだ技術支援へ Moldflow で目指す、解析結果のさらに先:小松開発工業株式会社

自動車産業を中心にものづくりの幅広い分野で技術 サポートを提供する小松開発工業では Simulation Moldflow 導入後、 単にものづくりそのものの支援から設計フィールドで流動解析を生かす方向へとシフト チェンジし、顧客のものづくりそのものに深く踏み込んだ技術支援をはじめました。Moldflow により、樹脂部品の試作検討段階で発生した不具合を可視化し、さらにその対策をも可視化して提案する、という手法が編み出されました。

必要なのは、結果のバックボーンを 探って“原因はこれだ”と示すこと。そのために、射出圧力や冷却時間を変えるとこれだけ変わるとか、設計条件を変えた解析を行なって原因を示していくのです。

— 切詰 朋 氏  小松開発工業株式会社  技術開発部 次長

ビデオを見る(ビデオ:3 分 21 秒)

解析の視覚化がもたらす新たな競争力 Autodesk Simulation Moldflow:
株式会社長津製作所

プラスチック金型製造にて部品の量産を中国や日本の各拠点でてがけている 株式会社 長津製作所のAutodesk Simulation Moldflow の活用事例です。 株式会社 長津製作所では金型設計のノウハウの提供や海外での生産立ち上げを行ってほしいとお客様から強く要望があり、 精度の高い樹脂流動解析を導入することに決めました。

Simulation Moldflow 導入後、分析結果の視覚化が可能となり、よりお客様への説得力に大きな違いをもたらしました。

— 小川 達郎 氏 株式会社 長津製作所 本社工場 副工場長 CAD/CAM グループ統括リーダー

 

世界と戦う遠心分離機メーカーの武器は設計者みずから解析を活用する 3 次元設計:
斎藤遠心機工業株式会社

解析部門を持たない斎藤遠心機工業株式会社では、新機種開発にあたっては経験と手計算で決めていました。しかし製品が複雑な形状になると手計算では難しく、解析をアウトソーシングするなどしていましたが、遠心分離機のような特殊な機械となると、性質を熟知していなければ、解析専門家でも良い解析結果は望めないので結果、どうしても時間と費用がかかっていました。そこで解決策として Inventor と Simulation Mechanical を導入したのです。

解析専門の部署を設けるのはなかなか難しく、かといって外注コストは掛けられないため、精度の高い結果を出す上で設計者自ら解析する方が効率が良いわけです。しかし高度な解析ソフトは設計者が使うにはハードルが高く、やはり Inventor や Simulation Mechanical といったツールが最適の選択でした。これならば、設計者でも簡単に、思いついたらいつでもパッと使えるので、設計者が実務の中で縦横に活用できるのです。

— 岡本幸夫 氏 斎藤遠心機工業株式会社 技術部 設計二課  課長

設計効率・設計品質を飛躍的に向上させた Inventor & Autodesk Moldflow Advise:
サトーパーツ株式会社 関東工場

サトーパーツでは、国内で見つけられなかった、成形材料をようやく海外メーカーにて見つけることができましたが、材料グレード変更による樹脂成型時のヒケの変化や、これに伴う新型起工による新たなゲート位置やウェルドライン、エアトラップ等々数々の問題がありました。開発現場においても結局実際に成型してみないと分からないまま進み、試作回数もかさんでいました。そこでこの機会に、以前から使いたかった Autodesk Moldflow Adviser を導入したのです。

既に技術部の設計者の多くが Inventor と Autodesk Moldflow Adviser を併用していますが、Autodesk Moldflow Adviser については、現状使っているのはまだ基本機能だけなので、今後はもっとステップアップしていく必要があります。金型づくりには経験が必要ですが、Autodesk MoldflowAdviser を活用することでその経験不足も埋め合わせられるのではないでしょうか。できれば金型の取り個数から、ランナー、冷却管の配置まで自分たちでレイアウト設計ができるようにしていきたいですね。

— 三浦 猛 氏 サトーパーツ株式会社 技術部 開発グループ グループリーダー

ビデオを見る(ビデオ:3 分 10 秒)

“従来どおり”を打破するシミュレーションの価値:日進工業株式会社

Autodesk Simulaiton Moldflow の導入の経緯や実際に使用し、導入した効果などご紹介します。

本来どのような流動が起こるかというイメージがしきれない部分を実際目の前でみることができるということは非常に大きなことでした。そのおかげでなかなか制作が困難と言われている厚肉レンズの成形にも成功したことは Molldflow をとりいれて感動した点です。

— 竹元 茂 氏 日進工業株式会社 技術主任

ビデオを見る(ビデオ:3 分 20 秒)

技術者の構想力を支援するシミュレーション Autodesk Simulation Moldflow:
河西工業株式会社

カーインテリアの専門サプライヤーの河西工業株式会社がオートデスク製品を選んだ理由、また Autodesk Simulation Moldflow を使うメリットとは?

現地調達が必須となる、海外事業部で現地樹脂材料の解析用の特性データが必要となりますが、Autodesk Simulation Moldflow に適合した樹脂データは比較的入手しやすいという利点があります。

— 山内 雅弘 氏 河西工業株式会社 第 3 生産技術部部長

 

 

Nissan Altima レース準備期間はわずか 8 か月
完全に統合された Autodesk デジタル プロトタイプ の設計環境により、
不可能といわれたタイムリミットを克服:Nissan Motorsport 社

メジャーなモータースポーツの分野において新しい車を設計する場合、6 ~ 8 ヵ月かかるのはごく普通の ことです。しかし、Nissan Motorsport は、同じ期間 内で、新しい規定に適合するまったく新しい車を開発し、既存の量産エンジン Nissan VK56DE をレース 仕様に改造しなければならなかったのです。

オートデスクのデジタル プロト タイプ ソフトウェアを導入する ことで、業務にかかる時間がそれまでの半分ないしは 1/4 まで短縮されました。しかし、注目すべきはスピードだけではありません。マシンが製造できても、最初のレースで次々と故障が起きてしまえば、それまでにどれほど時間を節約しても意味がありません。「初めから正しいこと」そして「初めから信頼できること」が重要です。そうでなければ、時間の節約も労力の浪費に終わってしまうのです。
Autodesk Simulation が信頼性の鍵です。

— Nissan Motorsport 社オーナー、ドライバー兼チーム監督 トッド・ケリー

 

小さな変更、大きな成果:Betts Industries 社

Betts Industries 社は、タンクローリーおよびその他の工業用装置向けのコンポーネントをデザイン、設計、製造、販売しています。ペンシルベニア州ウォーレンに拠点を置く同社は最近、圧力真空ベント(ガソリントレーラーの上部にあり、タンク内の圧力を正常に保って安全を確保する装置)の新しいモデルを設計するにあたり、Simulation CFD を使用することを決断しました。

Simulation CFD を使用することで、モデル内部の流れを簡単に確認して、流れが速い場所や圧力ポケットがある場所を把握できました。これは実際の装置やフローベンチでは
確認することができません。

— Betts Industries 社設計 エンジニア Kyle Anderson 氏

 

ポンプ開発をスピードアップ:Finish Thompson 社

ペンシルベニア州エリーに拠点を置く Finish Thompson 社は、化学プロセスポンプ、ドラムポンプ、バレルポンプの設計および製造を行っています。同社は、設計プロセスで Simulation CFD を使用することで、DB シリーズポンプの効率性を 2 倍に高めただけでなく、製品開発に費やす合計時間も約 33 パーセント削減しました。加えて、テスト時間が 6 ヵ月から 6 週間に短縮されました。

Finish Thompson 社のエンジニアリングチームは、Simulation CFD を使用して、ポンプの性能を製品設計プロセスの早い段階で把握できたため、開発時間を短縮、また必要な試作とテストの回数を大幅に減らすことができました。

 

迅速な流れ解析:Norgren 社

モーションおよび流体コントロールテクノロジーの世界的なリーダーである Norgren 社は、既に市場に出回っている競合モデルの中で際立った存在となれる、革新的な設計特性を備えた空気弁システムを作り出そうとしていました。その VM10 システムは、コスト効果が高く、最大限の性能を発揮し、特定の電気的適合性と流れの基準を満たす必要がありました。また、できる限り小型かつ軽量にして、顧客のシステムに与えるスペースおよび重量の影響を最小限に抑えなければなりませんでした。

Autodesk の Simulation ソリューションは、当社が求めていたものをすべて備えていました。頻繁に使用しない製品の場合は、起動していくつか簡単な手順を踏むだけで、適切な結果を確実に得られることが重要です。

— Norgren 社設計 エンジニア Tim Gladdy 氏

 

見えない問題を解決 - Simulation CFD を使用して、従来のテスト方法では発見できなかった設計上の欠陥を特定:Parker Hannifin 社:

モーションおよびコントロールのテクノロジー、システムにおける世界的トップメーカーである Parker Hannifin 社は、精密に設計されたソリューションを多種多様なモバイル機器、産業、航空宇宙の市場に提供しています。イギリスにある同社の油圧制御部門の設計者は最近、複雑な問題に直面し、1 年半にわたって従来の設計、作成、テスト方法を用いて取り組んだものの、ホイールローダーのスプール設計に関する不安定性の問題を解決することができませんでした。そこで見えない問題を解決するために、Simulation CFD のバーチャルなアプローチを取り入れることにしました。

Simulation CFD では製品性能をより明確に理解できるため、試作を作成してテストする従来の方法よりも短時間で、コスト効果の高い、革新的かつ信頼性の高い設計を開発できます。

— Parker Hannifin 社油圧制御部門、シミュレーション/解析エンジニア Bruno Fairy 氏

 

圧力解析で設計時間を短縮 - 初めて使用した Simulation CFD で製品開発サイクルを 6 週間短縮:Velan Valve Corp. 社:

ケベック州モントリオールに拠点を置く Velan Valve Corp. 社は、石油、ガス業界から、化学工業、鉱業まで、産業用機器を利用するさまざまな業界向けに、鋳鋼/鍛鋼バルブおよび蒸気トラップを設計、製造しています。その重要な顧客の一社である Imperial Oil 社が、流量係数の高い鍛造グローブバルブをできるだけ早く必要としていたとき、Velan 社のエンジニアリングチームはそれを、新たに購入した Simulation CFD ソリューションで何ができるかを確認する絶好のチャンスだと考えました。

Simulation CFD を使用して、プロセスの早い段階でバルブの設計をテストできたため、設計を大幅に改善できました。従来の設計プロセスなら、数値解析よりも直感に頼っていたでしょう。

— Velan Valve Corp. 社シニアエンジニアリングマネージャーStan Isbitsky 氏



ビデオを見る(ビデオ:3 分 10 秒)

試作回数を半分に。Product Design Suite と Simulation Mechanical を使用し、開発の時間を短縮、さらにコスト削減を実現:日東工器株式会社

日東工器は、1956(昭和 31)年に創業し、流体継ぎ手(カプラ)、機械工具、リニア駆動ポンプ、ドアクローザの製造・販売を行っています。とりわけ、カプラは同社の主軸となる製品で、国内でもトップシェアとなっています。カプラとは流体の継ぎ手のことであり、圧縮空気や液体、ガスなどの配管をスピーディーに接続、切り離しすることができる重要な製品です。日東工器では 25,000 種類のカプラをラインアップし、さらに日々特注品を含め新製品を開発し、お客様のニーズに応えています。

操作性で Simulation Mechanical を 選びました。試作回数を半減し、 コストダウンに成功しています。

— 日東工器株式会社、 カプラ事業部 カプラ企画グループ 計算力学技術者、上級アナリスト(熱流体) 博士(工学)、島田 正仁 氏

 

正確かつ最適化された設計 Simulation Moldflow のランナーバランス モジュールを使用して、 多数個取り金型の問題を特定し、解決:Rheomold 社

2011 年に設立された Rheomold 社は、射出成形プラスチック部品の解析サービスを提供しています。インドの自動車製造業の中心地であるプネーに拠点を置き、Autodesk Moldflow を使って、顧客の製品、金型設計、成形プロセスの検証を行っています。内装、外装、パワー トレインのプラスチック部品など、自動車向けに特化したソリューションを提供しています。

「当社は、Moldflow による解析サポートを提供して、パーツ設計の検証、金型設計のアドバイス、パーツ製造に関する問題解決を行っています。当社が直面する課題は常に異なりますが、Moldflow を使用することでそれらに対処できます」

— Rheomold 社 、ディレクター 、Krishnamoorthy 氏