概要

設計データは、さまざまな工程で活用できる

データ管理ソフトウェア Vault により、設計に関わる CAD データ、ドキュメント、リビジョンなどを管理し、さまざまな工程で活用できます。業種を越えてデータの活用範囲が拡がります。

概要ビデオ

設計情報を一元管理できる Vault を使用して、設計者やエンジニアがリアル タイムでコラボレーションする方法をご説明します。

概要ビデオを見る(5 分 53 秒 英語)

あなたにとって最適な Vault 製品はどれですか。Vault 製品の比較

Vault Basic

データ作成、シミュレーション、ドキュメント作成を整理、管理、トラッキング。

すべての機能を表示

Vault Workgroup

高度な機能をビジネス アプリケーションと統合。

Vault Professional

マルチサイトのビジネス システムと統合できる拡張性

業界を選択する

製造業向けの Vault

製品データとエンジニアリング プロセスを一元管理します。

機能を見る

AEC 向けの Vault

建築、エンジニアリング、建設(AEC)のプロセスを管理できます。

機能を見る

インフラストラクチャ向けの Vault

AutoCAD Civil 3D と統合することによって、インフラストラクチャ プロジェクトのデータを効率的に管理できます。

機能を見る


CAD ユーザ以外でも使える Vault Office
Vault Office により、エンジニアとエンジニア以外のユーザがコラボレーションを行う環境を 1 箇所に集約できます。ライセンスを別途ご購入いただくことで、Vault Workgroup または Vault Professional と連携させて使用できます。

詳細はこちら


Autodesk Vault 2016 登場!

ユーザのリクエストを新機能として追加しました。

詳細はこちら

チュートリアル

Vault の基本的なデータ管理タスクをご紹介します。
ビデオを見る