VRED、VRED Design、VRED Professional の機能

自動車デザインおよびインダストリアル デザイン向けのバーチャル プロトタイプ作成

3D プロダクト ビジュアライゼーションとバーチャル プロトタイプ作成ソフトウェア VRED™ を使用すると、魅力的なプロダクト プレゼンテーション、デザイン レビュー、およびバーチャル プロトタイプをリアルタイムで作成できます。

ページ ビュー:

    データ準備とナビゲーション

  • UV アンラッパ モジュール 新機能

    VRED PROFESSIONAL

    新モジュールの UV Wrapper を使用すると、メッシュのアンラップ、カット、縫合を VRED 内で直接実行でき、マテリアルのテクスチャをより簡単に調整できます。

  • Alias レイヤ構造のインポート

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    インダストリアル デザイン ソフトウェア Alias のワイヤ ファイルが対応するレイヤ情報とともにインポートされ、レイヤはタグとしてインポートされます。 Alias レイヤ構造を維持することで、データ準備時間を短縮し、ワークフローを簡素化できます。これで、レイヤ情報に基づいてオブジェクトを選択できます。

  • シンプルなユーザ インタフェース

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    新しいシンプルなユーザ インタフェースによって、イメージを手軽に迅速に作成できます。 シーン モジュール、アニメーション ウィザード、レンダー キュー機能、改善されたクイック アクセス バーなどの新しい機能を利用できます。

  • ジオメトリ エディタ

    VRED DESIGN, VRED PROFESSIONAL

    GeometryEditor では、サーフェスの法線を設定したり、目的に応じてオブジェクトを分割できます。フォン ジオメトリ サブディビジョンを使用すれば、テッセレーションが不十分な場合でも、スムーズなシルエットが得られます。また、法線計算が向上したことで、インポートしたモデルに頂点法線がない場合でもよりよい結果が得られます。

  • スクリプト API およびコマンド ターミナル

    VRED PROFESSIONAL

    スクリプト API とインタラクティブなコマンド ターミナルを使用して、VRED Professional の高度なカスタマイズが可能です。 また、この VRED Professional のスクリプト機能を使用して VRED Design をカスタマイズすることもできます(読み込み専用モードのみ)。

  • アセット マネージャ

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    新しいアセット マネージャ モジュールを使用して、アセット ライブラリの事前定義を作成できます。 ライブラリには、マテリアル、環境、外部シーンなど、あらゆる種類のシーン要素を含めることができます。ファイル レベルで読み取り/書き込み権限を付けたライブラリを社内ネットワークに保存したり、部門ごと、または全社向けに標準化したライブラリを作成できます。

  • カメラの干渉検出

    VRED PROFESSIONAL

    より簡単に仮想空間を移動できるよう、カメラにオブジェクトとの干渉を検知して回避する機能が追加されました。 この機能によりカメラがオブジェクトの中を通過したり環境の外に飛び出したりしないようにすることができるため、POS やインタラクティブなプレゼンテーションに特に便利です。

  • アセット マネージャの改善

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    アセット マネージャにあらかじめ用意されているマテリアル、環境、ジオメトリを使って、シーンを素早く構築できます。VRED の最新リリースでは、このようなアセットの維持と使用をさらに便利にするいくつかの改良が行われています。

  • 自動車設計ソフトウェア間の相互運用性

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    VRED、Alias、Maya のナビゲーション モードと選択モードを指定できます。

  • 強化されたジオメトリの動作

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    ジオメトリを使用した作業がより簡単に、画面全体を使ったジオメトリの操作がよりシンプルになり、設計とのやり取りをさらに効果的に行えます。

  • シーンのナビゲーション

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    VRED シーンで作業する際、シーン内をより簡単に移動したり、どのオブジェクトを選択可能にするかをコントロールすることができます。

    評価ワークフロー

  • 計測、グリッド、ルーラーのツール

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    モデルのサイズやプロポーションを正確に評価します。VRED は、3D 空間内での計測に役立つツールのほか、コンテキストを提供する参照グリッドやルーラーを備えています。

  • クリッピング モジュール

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    デジタル データ、ポリゴン、さらにネイティブの NURBS データに至るまで、3D クリッピングを使用することができます。 クリッピング モジュールを使用すると、ジオメトリ自体を操作することなく、ジオメトリの断面を作成して、3D モデルを評価できます。

  • 解析レンダリング モード

    VRED DESIGN, VRED PROFESSIONAL

    3D サーフェスの形状、品質、連続性を解析できる機能です。解析のためのツールとして、等輝度線やゼブラ ストライプなど、さまざまな解析モードを使用することができます。

  • ギャップ解析ツール

    VRED PROFESSIONAL

    ギャップ解析ツールを使用して、隣接するサーフェス間のフィットを評価できます。

  • 注釈

    VRED PROFESSIONAL

    インタラクティブ レビューの際に 3D モデルに直接注釈をアタッチできます。 いつ、どのレビュー段階でも色やコンテンツに関するコメントを変更できるため、評価プロセス全体を通してより良いコミュニケーション ワークフローの実現に役立ちます。

  • Alias 曲率シェーダ

    VRED PROFESSIONAL

    同じ曲率シェーダの評価モードを、インダストリアル デザイン ソフトウェア Alias でご利用いただけます。 VRED は、NURBS サーフェス上の曲率シェーダを直接レンダーでき、この機能はテッセレーション アーティファクトのないサーフェスを、より正確に評価するのに役立ちます。

  • ビジュアル シミュレーション

    VRED PROFESSIONAL

    ビジュアル シミュレーション機能は、ライティング分布を理解するのに役立ちます。輝度のトーン マッパーを使用すると、シーン内のライティング分布を示す凡例を表示できます。照明に詳しいユーザ向けに、半値全幅を使用してカラー スペクトルを数学的に定義する機能も用意されています。Ray ファイルを計算ベースとして、光を発している光源(照明パイプやヘッドライトなど)を直接確認できます。鏡面反射や屈折などのすべてのエフェクトが表示されるため、たとえば、事前にシミュレートされた Ray ファイルが光源内でどのように動作するかなどがわかります。さらに、波長ベースで色を定義する Osram や Optis のスペクトル ファイルを読み込むこともできます。

    プレゼンテーション

  • 新しい HMD のサポート 新機能

    VRED PROFESSIONAL

    ヘッド マウント式ディスプレイへの対応を進めており、Occulus Rift に加え、HTC Vive もサポートされました。

  • アニメーション モジュール

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    キーフレーム アニメーションをインタラクティブにリアルタイムで作成できます。一連のモーションをシミュレートし、動きのあるイメージを作成できます。 インポートとエクスポートを行う際は、FBX(英語) 形式で実装されたアニメーションをアニメーション ブロックとして保持できます。アニメーションは他のオブジェクトに貼り付けることができるため、同じ動きを何度も適用できます。

  • Oculus Rift のサポート

    VRED PROFESSIONAL

    バーチャル リアリティ向けのヘッドマウント式ディスプレイでデザインを体験できます。 Oculus Rift には、方向のトラッキングをサポートする特殊な歪みレンズの機能があります。たとえば、ヘッドマウント式のディスプレイを使用すると、自動車設計の評価に没頭できます。Oculus Rift をレイ トレーシングと組み合わせて使用すると、反射や屈折の動作を評価できます。サードパーティ製のトラッキング システムを追加することで、仮想環境内での設計評価も可能です。

  • バリアントとバリアント セット

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    バリアントとバリアント セットを使用して、3D モデルをさまざまな構成で提示できます。 コンポーネントや割り当て済みのマテリアルなどを集約し、定義済みバリアントとして保存できます。そのため、製品のさまざまなコンポーネントや構成を格納しておき、それらをデータ セット内に直接保存して、モバイル機器を使用してアクティブ化するといったことが可能です。バリアント セットを使うと、シーン内の複数のバリアントを組み合わせたり編成することができます。それぞれのバリアントをユーザ定義のキーに割り当て、利用可能なデータ セットのバリアントをすばやく簡単に切り替えることができます。

  • ディスプレイ オプション

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    VRED Design では幅広い立体視モードがサポートされており、VRED Professional では追加の高度なモードを利用できます。 VRED Professional では、CAVE ディスプレイやモーション トラッキングもサポートされているため、没入型のエクスペリエンスを可能にします。VRED Design には Display Cluster モジュールを追加できます(VRED Professional には既に含まれています)。たとえば、マルチセグメントのパワーウォール ディスプレイなど、複数のワークステーション ディスプレイ出力が可能です。

  • 会議およびコラボレーション

    VRED PROFESSIONAL

    2 つ以上の VRED Professional インスタンスを同期して、同じシーンを表示できます。Conferencing モジュールは、離れた場所にいる他のユーザと共同で同じリファレンス モデルを扱う場合に役立ちます。操作コントロールを転送するには、同期した仮想マウス ポインタを使用します。コミュニケーションは完全に暗号化され、それぞれのコラボレーション サイトのローカルに保管されているデザイン データを使用して行われるため、データの安全も守られます。

  • VRED アプリ

    VRED PROFESSIONAL

    VRED のシーンは、ほとんどのモバイル デバイスでリモート コントールできます。 VRED アプリは、インターネットに接続されているどのモバイル デバイスでも実行できます。バリアントの切り替え、シーン間の移動、ビューポイントの切り替え、レンダリング モードの設定を行えます。

  • マテリアルの改善

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    2016 リリースではメタリック ペイントが改善され、一般的な自動車のメタリック塗装の表現力がさらに豊かになりました。X-rite システムは実物のマテリアルのサンプルからスキャンされているため、超高精細なマテリアルの表現をあらゆるペイント サーフェスに適用できます。

  • 機能強化

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    拡張機能には、新しい Python のサポート、クラスタと infiniband との相互運用性の改善が含まれます。このコア機能の改善を継続することで、構造をより安定化させ、製品が将来の変更や拡張に対してより柔軟に適応できるようにします。 

  • 簡略化されたユーザ インタフェース

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    ユーザ インタフェースにおけるグラフィックの変更と機能の変更が行われ、いくつかのアイコンが更新されるとともに、レンダー ウィンドウではより多くのノードが認識されるようになりました。これにより、ユーザ エクスペリエンスが全体的に改善されました。この直感的で理解しやすいユーザ インタフェースにより、初心者でも時間をかけずに機能を習得できます。

    レンダリング

  • クラスタ モジュールの改善 新機能

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    クラスタの使用がレンダリング時間の短縮に非常に効果的なことを踏まえ、VRED 2017 では巨大なクラスタでもセット アップがすばやく簡単に行えるようになりました。CPU の使用効率の向上により、インストール先のハードウェアが同じ場合、大容量インストールの処理が大幅に向上して 2 倍以上高速化しています。

  • さまざまなレンダリング モード

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    種類豊富なレンダリング モードを利用して、さまざまなレベルの品質および速度での表示が可能です。 VRED Design および VRED Professional では、ボタンを 1 つ押すだけで OpenGL とレイ トレーシング モードを切り替えることができ、マテリアルを修正する必要はありません。VRED Professional のレイ トレーシング モードでは、事前に計算されたイルミネーションから、フォトマッピングを使用した完全なグローバル イルミネーションまで、さまざまなモード間の切り替えをシーンのパラメータを変更せずに実行できます。

  • レンダー パスおよびレンダー レイヤ

    VRED PROFESSIONAL

    後処理が必要な場合は、レンダー パスをエクスポートして画像処理ソフトウェアで再調整します。 レンダー レイヤ モジュールは、レンダリング中に 3D 環境を一致するイメージ プレーンに分割する、多数のオプションを備えています。インタラクティブにアルファ チャネルをセットアップして、1 つ 1 つのオブジェクトの反射率と屈折の属性を定義します。シャドウの設定もオブジェクトごとに個別に定義できます。

  • シーケンサ

    VRED PROFESSIONAL

    単一のマシンまたは CPU クラスタ環境で、複雑なバッチ処理を整理して順次実行できます。

  • TrueNURBS

    VRED PROFESSIONAL

    独自の NURBS トポロジを構築するか、既存のトポロジを再構築します。 TrueNURBS により、CAD モデルからネイティブの NURBS データを読み込むことができます。この情報は、テッセレーションされたポリゴン データとともに保存されます。新しいシェル ノードには NURBS のシェルとパッチが含まれ、テッセレーションされたポリゴン データはその上に保存されます。より品質の高いポリゴンを得るためにメッシュをインタラクティブに再テッセレーションしたり、既存のシーングラフ構造をリトポロジ化できます。ポリゴンの OpenGL レンダリングとダイレクト NURBS レイ トレーシング レンダリングをすばやく切り替えることができます。また、A/B サイド レンダリングにより、表示パーツと非表示パーツを設定できます。これは、表示パーツと非表示パーツを区別するために、モデリング プロセスでよく使用されるフラグです。

  • スペクトル レンダリング

    VRED PROFESSIONAL

    スペクトル レンダリングで色を正確に表現し、波長ベースのスペクトル レンダリングでリアルな分散効果をキャプチャします。 カラー ダイアログ ボックスにある直感的なスペクトル プロット エディタにより、自由度と正確さの両方が実現しています。スペクトル分布を任意に定義してクリエイティブなレンダリング エフェクトを実現できるほか、技術的な目的のために測量的なデータを手動で微調整することもできます。波長ベースのスペクトル レンダリングにより、ライティング(ヘッドライト、後方ライトなど)の動作を評価するためのリアルな分散効果をキャプチャできます。フォトンマッピングとコースティックス効果を使用し、リアルなプリズム カラーを計算できます。

  • オンラインおよびオフラインのレンダリング モジュール

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    オフラインおよびオンラインのレンダリング クラスタ モジュールを VRED Design (オフライン)と VRED Professional (オンライン)に追加することで、レンダリング プロセスを迅速化します。 VRED Professional は、リアルタイム CPU レンダリング クラスタリングをオプションのアドオン(有償)で提供します。複数のワークステーションまたはサーバ クラスタ ハードウェアを活用してレンダリングを分散することで、高品質なレイ トレーシングによるインタラクティブなプレゼンテーションを高速に行えます。レイ トレーシングのレンダリング モードもすべてサポートされています。

  • 曲率解析モード

    VRED PROFESSIONAL

    3 つの曲率解析ツールが、NURBS ベースのサーフェス評価ツールを支援します。これにより、ユーザがデザインのスタイリングを科学的な方法に基づいて解析することが可能になります。

  • 結果の向上と必要サイクル数の削減

    VRED PROFESSIONAL

    車内シーンのレンダリングで優れた表示結果を得るには、膨大な数のサンプリングが必要になります。VRED の 2016 リリースでは、レンダリング用の新しいノイズ リダクション ツールにより、優れた表示品質の車内シーンを全体的なサンプリング量を抑えて生成できるようになったため、より少ないサイクルでよりよい結果を出力できます。

    ビジュアル セットアップ

  • リアルなマテリアル

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    ガラス、車の塗装、金属など、幅広い種類のフォトリアルなマテリアル タイプを使用できます。ジオメトリにマテリアルを追加するだけで、すぐに 3D モデルのビジュアライゼーションを実行できます。それぞれのシェーダは、物理材料の属性に従って定義されます。また、マテリアルの属性(拡散、光沢、バンプなど)をコピーして貼り付けることができます。レイヤ化されたマテリアルで作業するには、VRED Design および VRED Professional を使用します。

  • 強力なライティング オプション

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    さまざまな機能を使用してライティングを簡単にコントロールできます。 HDR ライティングを使用して、ハイダイナミック レンジ画像のシーン全体を照らすことができます。写真から照明情報をキャプチャし、3D 空間上にそれを投影します。シーン内のすべてのオブジェクトを、オブジェクト ライトの光源として定義できます。VRED はエリア ライトもサポートしています。また、VRED Professional では、Ray ファイルをビジュアル化し、Osram および Optis のスペクトル ファイルをインポートできます。 

  • 物理的なカメラ設定

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    カメラ モジュールの物理的なパラメータ(焦点距離、シャッター スピード、f-ストップ、被写界深度)により、複雑な後処理が不要になります。

  • 測定されたマテリアル

    VRED PROFESSIONAL

    測定されたマテリアルを使用すると、キャプチャしたマテリアル データに基づいて、リアルなマテリアルの性質をビジュアル化できます。 X-Rite からの新しい外観ファイル フォーマットである AxF(Appearance Exchange Format)は、測定された双方向テクスチャ関数と双方向反射率分布情報を合成します。マテリアルのリアルな性質をビジュアル化するために、AxF の単一のファイルにマテリアルの外観全体(拡散カラー、反射強度、バンプなど)を保存することができます。

  • ディスプレイスメント マッピング

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    テクスチャ情報に基づいて、複雑なサーフェス構造をリアルタイムで効率的にシミュレートします。

  • サブサーフェス スキャッタリング

    VRED PROFESSIONAL

    皮膚、ミルク、ろう、プラスチックなど、半透明なマテリアルの性質を正確にシミュレートします。

  • レイヤ化されたガラス マテリアル

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    片面のオブジェクトでは、厚さをシミュレートして、適切な屈折率を実現できるようになりました。 ウィンドウのサーフェスは通常、片面サーフェスとしてインポートされますが、ガラス マテリアルに適切な屈折率になるようにシミュレートされた厚みを付与できます。このオプションを有効にすると、VRED はソリッド ジオメトリをシミュレートして適切な屈折率をレンダリングします。

  • シャドウをジオメトリにプリレンダリング

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    ライトのシャドウをジオメトリにベイク処理することで、計算処理を軽くしてより自然なオブジェクトを表示することができ、正確な結果をすばやく得ることができます。この機能は、レイトレースと OpenGL モードの両方で動作します。