VRED、VRED Design、VRED Professional の機能

自動車デザインを 3D モデルでビジュアル化して評価

意思決定プロセスの一環として、デジタル 3D 自動車モデルを正確にビジュアル化および評価することができます。VRED ™ は、自動車が対象のものを中心にバーチャル検証ツールを幅広くサポートしています。

ページ ビュー:

    評価ワークフロー

  • 計測、グリッド、ルーラーのツール

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    モデルのサイズやプロポーションを正確に評価します。VRED は、3D 空間内での計測に役立つツールのほか、コンテキストを提供する参照グリッドやルーラーを備えています。

  • クリッピング モジュール

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    デジタル データ、ポリゴン、さらにネイティブの NURBS データに至るまで、3D クリッピングを使用することができます。 クリッピング モジュールを使用すると、ジオメトリ自体を操作することなく、ジオメトリの断面を作成して、3D モデルを評価できます。

  • 解析レンダリング モード

    VRED DESIGN, VRED PROFESSIONAL

    3D サーフェスの形状、品質、連続性を解析できる機能です。解析のためのツールとして、等輝度線やゼブラ ストライプなど、さまざまな解析モードを使用することができます。

  • ギャップ解析ツール

    VRED PROFESSIONAL

    ギャップ解析ツールを使用して、隣接するサーフェス間のフィットを評価できます。

  • 注釈

    VRED PROFESSIONAL

    インタラクティブ レビューの際に 3D モデルに直接注釈をアタッチできます。 いつ、どのレビュー段階でも色やコンテンツに関するコメントを変更できるため、評価プロセス全体を通してより良いコミュニケーション ワークフローの実現に役立ちます。

  • Alias 曲率シェーダ

    VRED PROFESSIONAL

    同じ曲率シェーダの評価モードを、インダストリアル デザイン ソフトウェア Alias でご利用いただけます。 VRED は、NURBS サーフェス上の曲率シェーダを直接レンダーでき、この機能はテッセレーション アーティファクトのないサーフェスを、より正確に評価するのに役立ちます。

  • ビジュアル シミュレーション

    VRED PROFESSIONAL

    ビジュアル シミュレーション機能は、ライティング分布を理解するのに役立ちます。輝度のトーン マッパーを使用すると、シーン内のライティング分布を示す凡例を表示できます。照明に詳しいユーザ向けに、半値全幅を使用してカラー スペクトルを数学的に定義する機能も用意されています。Ray ファイルを計算ベースとして、光を発している光源(照明パイプやヘッドライトなど)を直接確認できます。鏡面反射や屈折などのすべてのエフェクトが表示されるため、たとえば、事前にシミュレートされた Ray ファイルが光源内でどのように動作するかなどがわかります。さらに、波長ベースで色を定義する Osram や Optis のスペクトル ファイルを読み込むこともできます。