VRED、VRED Design、VRED Professional の機能

自動車のビジュアライゼーションと各種レンダリング

VRED™ を使用すると、自動車のデザイナー、エンジニア、およびその他のユーザは、ビジュアライゼーション ワークフロー向けのリアルなマテリアルおよび物理的なカメラ設定や照明の設定を活用することができます。

ページ ビュー:

    ビジュアル セットアップ

  • リアルなマテリアル

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    ガラス、車の塗装、金属など、幅広い種類のフォトリアルなマテリアル タイプを使用できます。ジオメトリにマテリアルを追加するだけで、すぐに 3D モデルのビジュアライゼーションを実行できます。それぞれのシェーダは、物理材料の属性に従って定義されます。また、マテリアルの属性(拡散、光沢、バンプなど)をコピーして貼り付けることができます。レイヤ化されたマテリアルで作業するには、VRED Design および VRED Professional を使用します。

  • 強力なライティング オプション

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    さまざまな機能を使用してライティングを簡単にコントロールできます。 HDR ライティングを使用して、ハイダイナミック レンジ画像のシーン全体を照らすことができます。写真から照明情報をキャプチャし、3D 空間上にそれを投影します。シーン内のすべてのオブジェクトを、オブジェクト ライトの光源として定義できます。VRED はエリア ライトもサポートしています。また、VRED Professional では、Ray ファイルをビジュアル化し、Osram および Optis のスペクトル ファイルをインポートできます。 

  • 物理的なカメラ設定

    VRED、VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    カメラ モジュールの物理的なパラメータ(焦点距離、シャッター スピード、f-ストップ、被写界深度)により、複雑な後処理が不要になります。

  • 測定されたマテリアル

    VRED PROFESSIONAL

    測定されたマテリアルを使用すると、キャプチャしたマテリアル データに基づいて、リアルなマテリアルの性質をビジュアル化できます。 X-Rite からの新しい外観ファイル フォーマットである AxF(Appearance Exchange Format)は、測定された双方向テクスチャ関数と双方向反射率分布情報を合成します。マテリアルのリアルな性質をビジュアル化するために、AxF の単一のファイルにマテリアルの外観全体(拡散カラー、反射強度、バンプなど)を保存することができます。

  • ディスプレイスメント マッピング

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    テクスチャ情報に基づいて、複雑なサーフェス構造をリアルタイムで効率的にシミュレートします。

  • サブサーフェス スキャッタリング

    VRED PROFESSIONAL

    皮膚、ミルク、ろう、プラスチックなど、半透明なマテリアルの性質を正確にシミュレートします。

  • レイヤ化されたガラス マテリアル

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    片面のオブジェクトでは、厚さをシミュレートして、適切な屈折率を実現できるようになりました。 ウィンドウのサーフェスは通常、片面サーフェスとしてインポートされますが、ガラス マテリアルに適切な屈折率になるようにシミュレートされた厚みを付与できます。このオプションを有効にすると、VRED はソリッド ジオメトリをシミュレートして適切な屈折率をレンダリングします。

  • シャドウをジオメトリにプリレンダリング

    VRED DESIGN、VRED PROFESSIONAL

    ライトのシャドウをジオメトリにベイク処理することで、計算処理を軽くしてより自然なオブジェクトを表示することができ、正確な結果をすばやく得ることができます。この機能は、レイトレースと OpenGL モードの両方で動作します。