Asset 12 Asset 10 Asset 11 autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

openBIM® を真にオープンにする

オートデスクは創設メンバーとして参加して以来 20 年間、buildingSMART International を支援しています。これは、相互運用性の主要な基準である IFC 標準を開発および保守する組織で、異なるソフトウェア間での BIM データの共有と交換を推進しています。

オープンなコラボレーションには相互運用性が必要

複数のオープンなファイル形式

信頼性の高いデータ交換は、プロジェクトのコラボレーションに欠かせません。オートデスクはオープンな .ifc ファイル形式とその他の openBIM データ形式を率先してサポートしています。これには、BIM データ用の Construction-Operations Building Information Exchange (COBie)、gbXML、LandXML などが含まれます。

BIM のオープンなファイル形式

.ifc データ モデルには、「インテリジェントな」建築要素のジオメトリとプロパティ、および建築モデル内のそれらの関係が含まれており、プロジェクトのライフサイクル全体を通して、複数の分野にまたがる統合されたオープンな BIM ワークフロー(デスクトップとクラウドベースの両方)をサポートしています。

オートデスクの API はオープン

オートデスク デベロッパー ネットワーク(ADN)には、4,000 人の開発者がおり、openBIM をサポートするソフトウェアおよびプラグインの構築に携わっています。また、オートデスクの AEC パートナーは、お客様が作業効率を向上し、競争上の優位性を得られるように、ソフトウェアのサポートおよびトレーニングにトップクラスの技術的な専門知識を提供しています。

リソースとニュース

オートデスクのBIMソリューションと他社のBIMソリューションの相互運用性について詳しくご紹介します。

オートデスクとトリンブルは相互運用性の向上で協業します

BIMプロジェクトで今まで以上にフレキシブルな情報連携が可能になります。

詳細はこちら

相互運用性 : よくあるご質問

相互運用性、openBIM®、IFCに関する詳細情報

詳細はこちら

相互運用性 : 用語集

「繋がった」BIM体験を実感するために必要な主要な業界用語についてご案内します

詳細はこちら

プロジェクトでの情報の共有性の向上させるために、オートデスクがどのようにOpen Exchange Standard に準拠しているのかをご紹介します

.ifc やその他データ交換用のフォーマットに関するホワイトペーパー

詳細はこちら

More news

Read more, and learn about other industries. Filter content by industry, role, or topics that interest you.

Go to the content hub (英語)

Want more resources?

SUBSCRIBE NOW

Thank You!

We will keep you posted with the latest resources.

オートデスクとBIMに関する最新情報