設計主導の改革についてのマニフェスト

共同設計に向けて見直す

設計者として、制約を受け入れる
制約が創造性を高めます。課題の範囲がはっきりするため、最適なアイデアで対応することができます。

地球そのものが制約
すべての人々が地球という制限の中で確実に未来を生き抜くため、オートデスクはあらゆるものの再設計に取り組んでいます。働き方、作り方、未来の創造の仕方を変えていこうとしています。

現在は幅広いコラボレーションが不可欠
私たちは誰もが、国境や専門分野を超えて作業するよう求められています。オートデスクは受益者のためだけではなく、共同設計プロセスに参加する受益者とともに設計を行います。

プロトタイプの原動力は心遣い
1 つのソリューションに決定するまでに、数多くのソリューションを評価します。テスト、学習、改良などをかつてないペースで行います。答えはあらゆる段階で見つかると考えています。

再生のための設計
相互につながった世界の仕組みを理解しようと努力しています。自然のシステムに従って設計を行います。限られた資源しかない世界に多くを求めず、人間性の向上に役立つものをより多く提供します。