デザインの指針

サステイナブル デザインへの改革の指針

今日の設計者は、3 つのサステイナブル デザインの指針(影響をモデリング、くり返しの迅速化、大規模なコラボレーション)を使用して最適なプロジェクトを作成することができます。オートデスクの画期的な技術により、あらゆる作成物に対してサステイナビリティを考慮した設計をできるようになりました。

Sustainable design principle: impact modeling

影響をモデリング:システム全体の把握
設計者は、1 つの問題を解決することで他の問題を引き起こようなソリューションはもう必要ないと考えています。解析技術を使用することで、設計者は相互の関連性をモデル化し、システム全体を通じてそのプロジェクトの影響を予測します。結果をより詳細に把握できることで、最適なソリューションを実現する可能性が高まります。


Sustainable design principle: rapid iteration

くり返しの迅速化:複数のアプローチの検討
どのような課題にも複数の解決方法がありますが、多くの場合、設計者がさまざまな観点から作業を継続的に見ておくことで、適切なソリューションが見つかる可能性が高まります。最適なソリューションが見つかるまで設計者は強力なツールを使用して仮想シミュレーションによって、くり返しを迅速化し、絶えず進化し続けます。


Sustainable design principle: massive collaboration

大規模なコラボレーション:プロセスのオープン化
新たな参加者とコラボレーションすれば、作業に関するより多くの情報を手に入れることができます。設計主導の改革では、コラボレーションとは専門分野や業界の間にある障壁を壊すことを意味しており、お客様と競合他社を取り込むことさえ意味しています。設計者は、もはや自分の専門分野にのみとどまってはいられないことを理解しています。最先端の技術、相互交流によるアイデア、共同制作を検討する必要があります。