ワークフロー Revit クラウド ワークシェアリング

Revit クラウド ワークシェアリングと BIM 360 を組み合わせると、連携の取りやすい効果的な Revit ワークフローをクラウドで実現できます。チームが Revit モデルをリアルタイムで共同作成し、承認済みの最新の作業を反映して、最新の状態に保てるようにしましょう。仕事に最適な人材を、場所を問わずに活用できます。

機能を見る
ヒーロー イメージ

Revit クラウド ワークシェアリング Revit クラウド ワークシェアリングに BIM 360 を使用する利点

どこからでも、誰とでも、Revit モデルをリアルタイムで共同作成できます。地理的に分散したチームを活用することで、作業時間を最大化し、24 時間体制で設計を進め続けることができます。

 
いつでも、どこからでもアクセスのアイコン

いつでも、どこからでもアクセス

いつでも、どこからでも、Revit モデルを他の Revit ユーザーとリアルタイムで共同作成できます

常に連携のアイコン

常に連携

クラウドの中央モデルと同期して、進行中の作業を保存できます

柔軟な公開オプションのアイコン

柔軟な公開オプション

選択したビューとシート、またはクラウド モデル全体を公開することで、共同作業者がレビューおよび使用できるようになります

セクションのアイコン

Revit クラウド ワークシェアリング ワークフロー BIM 360 がチームの Revit クラウド ワークシェアリングをどのようにサポートするかをご覧ください

ワークフロー図
セクションのアイコン

主な機能 BIM 360 Design が Revit クラウド ワークシェアリング ワークフローを可能に

リアルタイムの共同作成やクラウド ワークシェアリング、中央モデルとの同期、広範なレビューに向けた作業内容の公開が可能なコア機能にアクセスできます。

セクションのアイコン

成功事例

セクションのアイコン

BIM 360 製品の比較 BIM 360 製品の機能の比較をご覧ください

BIM 360 Design のスタートアップ

製品デモを依頼