詳しく見る 施工現場の安全性

施工現場の安全性の問題について考えるときに重要なことは、問題が起こるかどうかではなく、問題がどのように起こるかについて考えることです。安全性に関する最適なプログラムを採用することで、人命を救うことができるだけでなく、才能ある人材を集め、より多くの契約を獲得し、プロジェクトの成果を向上させることができます。施工安全性管理ソフトウェアが繰り返し採用できる安全性プログラムを導き出して、すべての作業者がこのプログラムに参加し、現場での安全性を得られるようにします。

ワークフローを見る
ヒーロー イメージ

施工安全性管理ソフトウェアの利点 インシデントによる事後対応から、観測による事前対応へ

安全性が確保されている観測結果と確保されていない観測結果の両方を取得することで、プロジェクト チーム全体が事前対応によるインシデントの防止に向けて作業できるようになります。

 

安全性に関するインシデントの防止

デジタル施工現場安全性チェックリストを使用し、モバイル デバイスから安全性に関するドキュメントにアクセスすることで、安全性に関するインシデントの発生を防ぎます。

安全性プログラムの導入

インシデントの報告から観測の報告へと移行することで、安全性プログラムの導入に変化をもたらします。

安全性プログラムの測定

サブコン向け適合目標を設定し、安全性に関するインシデントの根本原因を追跡し、すべてのプロジェクトについて安全性のパフォーマンスを評価します。

安全性管理のスタートアップ

製品デモを依頼
セクションのアイコン

リソース BIM 360 を最大限にご活用ください

施工安全性管理を改善する方法の詳細については、次のガイドをご覧ください。さらに詳しい情報については、関連情報のセクションもご確認ください。

すべての関連情報を見る