ワークフロー 施工安全検査とインシデント

施工には危険がつきものです。最も大切なことは、全員が無事に自宅に帰ることです。モバイル デバイスから安全性プログラムのチェックリストと現場観測を実行することで、安全性の死角や危険な状況を回避できます。

機能を見る
ヒーロー イメージ

安全管理 施工安全管理に BIM 360 を使用する利点

現場作業員に安全性基準を伝え、モバイル デバイス上で安全検査を実行し、安全性の問題を追跡することで、問題のある領域を解決し、危険な状況を回避することができます。

 
安全性に関するインシデントの防止アイコン

安全性に関するインシデントの防止

デジタル現場安全性チェックリストと現場からのドキュメントへのアクセスで、インシデントを防ぐことができます。

プログラムの導入を促進のアイコン

プログラムの導入を促進

インシデントの報告から観測へと移行することで、導入に変化をもたらします。

プログラム適合性の測定のアイコン

プログラム適合性の測定

適合目標を設定し、根本原因を追跡し、安全性のパフォーマンスを評価します。

セクションのアイコン

安全検査とインシデントのワークフロー BIM 360 が施工安全性プログラムをどのようにサポートできるかを確認するには、以下の主な機能をご覧ください

ワークフロー図
セクションのアイコン

主な機能 現場の安全性を向上

BIM 360 のこれらの機能を使用して、標準化された安全管理プロセスを導入できます。

セクションのアイコン

成功事例

セクションのアイコン

BIM 360 製品の比較 BIM 360 製品の機能の比較をご覧ください

BIM 360 のスタートアップ

製品デモを依頼
セクションのアイコン

リソース 安全検査とインシデントを改善する方法の詳細

次のガイドをご覧ください。さらに詳しい情報については、関連情報のセクションもご確認ください。

すべての関連情報を見る