BIM 360 の機能

BIM 360 には、BIM 360 Docs、BIM 360 Design、BIM 360 Coordinate、BIM 360 Build という 4 つのサブスクリプション サービスがあります。下の表で BIM 360 の機能を確認して、チームのニーズに最適な 1 つまたは複数のサブスクリプションをお選びください。

BIM 360 の 30 日間無償体験版をお試しください

BIM 360 を試す
ヒーロー イメージ

機能

すべて展開 すべて折りたたむ
Bim 360 Docs Bim 360 Design Bim 360 Coordinate Bim 360 Build
公開と表示 機能アイコン 機能アイコン 機能アイコン 機能アイコン
公開
あらゆるファイル タイプのサポート はい はい はい はい
標準またはカスタムの属性をファイルに割り当てる はい はい はい はい
プロジェクト ライフサイクルの中で、特定の目的のために特定のバージョンのドキュメントをセットまたはパッケージにまとめて管理する はい はい はい はい
タイトル ブロックの OCR 処理を行い、PDF ファイルに自動的に名前と属性を付与する(設計図フォルダのみ) はい はい はい はい
BIM 360 のクラウド ワークスペースをデスクトップに接続し、ファイルを同期する(プロジェクト ファイル フォルダのみ) はい はい はい はい