プロジェクトでの役割 建築エンジニア

  • 1 つのソフトウェア環境で設計、コラボレーション、マークアップを行う
  • 設計レビューを容易にするために、バージョンごとの問題を割り当てて管理する
  • 新しい設計情報が進行中の作業に与える影響を視覚化する
BIM 360 の詳細
ヒーロー イメージ

Revit クラウド ワークシェアリングと設計コラボレーション ソフトウェアの利点 チームと情報を連携