Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

CAD管理者向け情報サイト

CAD マネージャーとして成功する為に知っておきたいの 3 つのポイント

ショーン・ブライアント氏

もう何年も前になりますが、CAD マネージャーとして働いた数年の間、私は多くの役割を担っていました。 たとえば、非常に限られた予算内でハードウェアやソフトウェアの購買を管理する必要がありました。 また、CAD 部門の正社員や契約社員の面接、人事担当としての役割もありました。 厳しい納期に対応するために、自ら CAD の作業に携わる必要に迫られることもよくありました。

私自身が、管理職という立場にあっても、必要とされたときには手助けするべきと考えていました。 そうすることによって、チーム メンバーとの間に非常に良好な関係が築かれるだけでなく、自分のスキルを維持でき、CAD の新規バージョンを習得できるからです。 私にとって、CAD マネージャーの仕事は本当に楽しいものでした。 これまでのキャリアの中で、最も楽しい仕事の 1 つでした。

ここでは、優れた CAD マネージャーになるために役立つ、いくつかのヒントをご紹介します。

  1. 購買に熱心に取り組む
    ハードウェアやソフトウェアの購入は、簡単な作業ではありません。 予算は決まっており、限られた予算内で最高の価値を得る必要があります。 CAD 部門で何かを購入する際には、常に、「入札」を行います。 3 つ以上の見積もりを得て、価格の範囲を把握します。 見積もりを詳細に読み、それぞれのリセラーやプロバイダーが、あると便利な製品ではなく、CAD 部門が本当に必要としている製品を提供できることを確認します。 常に、必要な製品だけを購入するようにします。 リセラーやプロバイダーは、売りたい製品を奨励することに非常に長けています。 彼らに連絡し、 見積もりの項目を 1 つずつ話し合い、買い物のリストをチェックするように、必要なものと不要なものにチェックマークを付けます。 この方法で、そのリセラーやプロバイダーが好ましい取引相手であるかどうかを確認できます。 また、価格が最も低いということだけで、その製品を採用することも避けます。 コストの大幅な削減はできても、必要なレベルのサポートを受けられるでしょうか。
  2. 雇用の基準を設定する
    前述のように、CAD マネージャーは、CAD チームの新しいメンバーの面接など、人事担当者としての役割を果たすこともよくあります。 この場合のヒントは、それぞれの候補者の選考時に実施する基本的な CAD テストを作成することです。 候補者の履歴書にはたいてい、「CAD 経験あり」と記載されています。 私が以前勤めていた会社では、それを信じて CAD 経験が 2 週間の新卒者を、非常に忙しい CAD 部門に採用してしまいました。 その人は周りのペースに合わせることができず、48 時間も経たないうちに離職したため、CAD マネージャーは振り出しに戻ることとなりました。 CAD テストに基づいて知識と技術を評価してから、面接を実施することが必要です。 この方法によって、有能で即戦力のあるチームを作ることができます。 チーム メンバーには、資格だけでなく、それを支える実践的な CAD スキルが必要です。 また、チームに優れた CAD オペレーターを加えるため、テストに及第点を取った候補者を採用することも必要です。 オートデスク認定資格プログラムも、候補者が言葉だけでなく実際に実行できる力があるかどうかを確認するのに役立ちます。
  3. 自ら作業に携わることを厭わない
    私の CAD マネージャーとしてのバックグラウンドは主に石油化学業界であるため、プラント設計、構造用鋼、鉄筋コンクリートに関係する多くの作業に携わりました。 当時は AutoCAD Plant 3D や Revit Structure などの製品はなく、 あったのは AutoCAD の 3D 機能だけでした。 その頃でもこれは優れた製品で、図面を非常に効率的かつスマートに作成できました。 しかし、金曜日の作図期限に合わせたり、顧客訪問までにすべての図面を用意したりするために、より多くの人手が必要となることがよくありました。 私は、自ら作業に携わってチームに協力することを決して厭うことはありませんでした。 作図、モデリング、印刷、紙の図面の折り畳み作業、コーヒーの準備まで、すべての作業を自ら行いました。 チーム メンバーは私のこの姿勢を評価して、 CAD マネージャーとしてだけではなく、チーム メンバーと見なしてくれました。 CAD 部門内に非常に良好な関係が築かれ、気軽に接することができるようになりました。 CAD 部門内は常にオープンな雰囲気で、私がチームのメンバーとしても認められていたため、新しいアイディアがあるときや、解決しなければならない問題が発生したときには、気軽に相談してくれました。 それによって、有能で効率的な、団結力のあるチームになりました。 チーム メンバーの数人とは 20 年近く経った今でも交流があり、単なる同僚ではなく友人として付き合っています。

さまざまな役割を果たすことをためらってはいけません。 さまざまな役割を果たすことが自分の総合的な知識の強化につながり、CAD だけでなくチームにとってもより良いマネージャーになることができます。 常に全力を尽くして管理し、豊富な知識を身に付け、気軽に相談できるマネージャーであることが必要です。 高みに座ってチェックしているのではなく、 チーム メンバーとともに作業し、その経験を楽しむことです。

CAD チームのマネージャーを経験した方は、 ぜひコメント セクションにコメントを記入して、その経験を共有させてください。