Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

CAD管理者向け情報サイト

ソフトウェア管理のベストプラクティス

5 名の CAD マネージャーによる、ソフトウェア管理のベスト プラクティスに関するディスカッション

CAD マネージャーは、ユーザーの生産性と効率性の向上をサポートする責任を負います。

ソフトウェアの管理については、さまざまな課題があります。 新しいソフトウェアの購入やアップグレードをいつ行うか、 ソフトウェアをどのように評価するか、 ファイルの管理はどうするか、 変更はどのように展開するか、 ライセンスの変更はどのように処理するか、などの課題です。

サンフランシスコにあるオートデスク本社で先頃開催された『CAD マネージャー サミット』では、CAD 管理におけるリーダーと評価されている Robert Green 氏が司会を務め、CAD マネージャーが直面している課題やビジネス チャンス、変化する情勢について意見が交わされました。 このサミットには、Leidos Engineering 社の CAD マネージャー Frank Mayfield 氏、LJA Engineering 社の CAD マネージャー R.K. McSwain 氏、InventorWizard の共同創立者 Jürgen Galba 氏、Bastien and Associates 社の CAD マネージャー Michael Viscetto 氏、CADFMconsultants 社のディレクター Shaun Bryant など、多数の専門家が参加しました。

経験豊富なこれらの CAD マネージャーたちが、ソフトウェア管理に伴う課題をどのように克服するかについて、それぞれの経験や意見を交わしました。

タイミングの重要性

ソフトウェアの購入やアップグレードを行う際には、そのタイミングが重要な要素になります。 アップグレードは頻繁に公開されますが、アップグレードするタイミングをどのように判断したらよいのでしょうか。

「最先端のソフトウェアを使うことが、必ずしも必要ではありません」と McSwain 氏は述べました。 「公開されるや否やアップグレードすることはありません。 サードパーティ製のツールについて、この判断を迫られることが頻繁にあります。 5 バージョンや 6 バージョン前のソフトウェアを使うのは避けたいですが、最先端のソフトウェアを使う必要もありません。」

Mayfield 氏は DWG 形式が変更されるまで待つと言い、 Bryant 氏は、最初のサービス パックが公開され、アップグレードの可能性が生じるまで待つのが大体の目安だと述べました。

「私はよく Revit を使用しますが、Revit には下位互換性がありません」と Bryant 氏は言います。 「Revit 2014 から Revit 2016 にアップグレードすると、2014 で作成したプロジェクトを読み取れません。 そのため、いつアップグレードするかは、非常に重要な決定事項になります。」

ソフトウェアを評価する際に最も重要な事項は、そのツールによって効率が向上するかどうかです。

「作業プロセスが向上し、効率が改善される機能がそのソフトウェアにあるとわかったら、そのときが、集中的にテスト プロジェクトを実行するタイミングと考えます」と Mayfield 氏は述べました。 「何も悪影響を受けず、すべての互換性が保持されることを確認します。 もちろん、サードパーティ製ソフトウェアとの連携の問題もあります。そのために、すべてが機能することを確認する必要があるのです。 すべてを読み取れ、すべてを正しくレンダリングできる必要があります。 私はビジュアライゼーション ツールの Navisworks を使ってテストします。 何かを導入する前には、大量のピースを組み合わせて確認する必要があります。」

McSwain 氏にとって役立つものの 1 つは、ベータ チームです。 McSwain 氏は早い段階でソフトウェアを検討し、テストして、インストールを待つべき理由を確認します。 何かをアップグレードしたことによって、他のものもアップグレードが必要になることがあります。

「LAN デスクトップを使っていた頃、Civil 3D に移行するのは大きな変化でした」と McSwain 氏は言います。 「すべてが変わってしまったのです。 64 ビットの Windows 7 に切り替え、より大規模で高性能なコンピューターを使用する必要がありました。 他の多くのものを変えずに単に LAN デスクトップから Civil 3D にアップグレードすることはできませんでした。 こうした点にも注意する必要があります。 他の製品にも影響が生じる可能性があるのです。」

Green 氏は少し異なる方法でソフトウェアを評価しています。

「私にはテスト パイロットと呼んでいる人たちがいます」と Green 氏は言います。 「最初に彼らに試してもらいます。 経験豊富なユーザーにソフトウェアをテストしてもらうのです。 私が彼らをテスト パイロットと呼んでいるのは、ある時点で彼らが脱出する必要があるからです。 あまり多くの人が携わると、さまざまな意見が出て、その整理に多くの時間を費やすことになってしまいます。」

アップグレードを決定したら、展開に移ります。 IT 担当者がソフトウェアのインストールに費やす時間を削減するため、Bryant 氏は「ハウツー」ビデオを作成しました。

「Camtasia Studio を使えば、スライドを追加する前に、アニメーションや、クリックする場所を示す矢印も追加できます」と Bryant 氏は言います。 「私は Camtasia Studio で小さなビデオを作成し、IT 担当者に送りました。 小さな自動化された「ハウツー」ビデオです。 非常にシンプルなもので、 30 分ほどで、いくつかのスクリーンショットを使って作成できました。 何度も電話をかけて説明する手間が省けました。」

参加者の共通のテーマは、ソフトウェアをそのままの状態でインストールし、後でカスタマイズすることでした。 Viscetto 氏はあらかじめカスタマイズしたものを送りましたが、機能しませんでした。 そのため、土曜日に出社してカスタマイズを行いました。

1 箇所でおこなう

ファイルを確実に統合管理するにはどうしたらよいでしょうか。

「私は 10 年以上、1 箇所でファイルを管理しています」と McSwain 氏は言います。 「新しいユーザーが来たら、ソフトウェアをマシンにインストールするだけで、そのユーザーはワークステーションを使用してすぐに他のユーザーと同じように作業を開始できます。 いくつかの分岐点を組み込んでおけば、Joe が他の人とは少し違う操作をしたいと言ったとしても、それに対応できます。」

また、Mayfield 氏は、すべてのファイルを1 箇所にロックした状態で保存しています。

「私は CAD のサポート フォルダー全体をネットワーク上に置いています。正しいバージョンを 1 つ置いているのです。」と Mayfield 氏は言います。 「すべてロックしてあります。 プロットのライブラリを複数のユーザー ワークステーションに置くことは好ましくありません。 そのようにはしていません。」

Viscetto 氏は、ファイルの管理が不可欠だと言います。

「私は CAD のサポート ファイルを持っています。」と Viscetto 氏は言います。 「他の環境で、複数の印刷スタイルや印刷スタイル テーブルがあるのを見たことがあります。 コンピューターによって赤の出力が異なってしまうのですが、私には考えられないことです。 1 つの印刷スタイル、または必要に応じて 2 つか 3 つの印刷スタイルと、 1 つか 2 つのフォントにして、 シンプルに維持し、 すべてネットワーク上に置いています。」

ライセンスの検討

オートデスクの製品ライセンスが変わり、永久ライセンスからサブスクリプションへ移行しています。ユーザーは、ライセンスを購入するのではなく、サブスクリプションメンバーになりライセンスを使用することになります。 ただし、現在永久ライセンスを保持している場合は、当面の間それを維持できます。

すべての参加者が永久ライセンスを保持しており、それを維持する予定です。彼らは新しいライセンス方式を全面的に支持しているわけではありません。 しかし、サブスクリプションにいくつかのメリットがあることは認めています。 たとえば、プロジェクトの拡大に合わせて追加人員 10 名を採用したり、夏季インターンを受け入れたりする一方で、休暇シーズンに仕事が減ると人員を減らすことがあります。

「小規模企業が特定のプロジェクトに期間ライセンスを利用すれば、予算の面でメリットになるでしょう」と Viscetto 氏は言います。 「そのライセンスの費用をプロジェクトの予算に組み込むことができます。 たとえば 6 カ月間だけ働くスタッフを 1 名採用した場合は、6 ヵ月分のライセンスの費用が必要ですが、 それを予算に組み込むことができます。」

ソフトウェアを期間ライセンスで使用すると、設備投資コストではなく経費として処理できるため、税金の面でもメリットになります。

「小規模企業が、仕事に必要なソフトウェアをこの方法で利用できれば、競争力の強化にも役立ちます。」とBryant 氏は言います。 「フル ライセンスを購入する必要はなく、期間ライセンスを利用すれば済みます。 また、そのコストが設備投資ではなく経費になります。」

ライセンスの変更に関する最終的な結論は、前もって計画を立てておくことです。

「ライセンスを購入できなくなる前に、今から検討を始める必要があります」と McSwain 氏は述べています。