デジタル化による
サステナブルな未来の実現

日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、そして ASEAN 諸国における建設・製造企業は、サステナブル、レジリエントかつ平等な世界の実現に向けてロードマップを構築しています。オートデスクは Frost & Sullivan 社と提携し、各業界の動向を調査しました。

Image courtesy of lorem ipsum

Frost & Sullivan 社の調査レポート:デジタル化によるサステナビリティへの影響


アジア太平洋地域では、企業によるサステナビリティへの取り組みが拡大しており、特に中国、東南アジア諸国、オーストラリア、ニュージーランドの成熟度が高いことが調査で明らかになっています。

また、スマート インフラ、サステナブルな資材の選択、カーボン ニュートラルな製造などの取り組みをはじめ、建築設計・エンジニアリング・建設業界や製造業界の企業に最大の影響をもたらしている動向について分析しています。

以下からご興味のある業界を選択してレポートをダウンロードし、サステナブルな成果の達成に向けた企業の最新動向や取り組み、活用しているテクノロジーについてのインサイトをご覧ください。 

  • 建築・建設

    調査では、建築設計・エンジニアリング企業の 70% が、カーボン ニュートラルの実現に向けて、資材のイノベーションに特に重点的に取り組んでいると回答しています。他にはどのような取り組みが行われているかご覧ください。 

  • 設計・製造

    製造企業の 75% が、より良い資材を選択することに注力しています。その他の優先事項についてはレポートでご確認ください。

  • 建設・施工

    建設企業の 58% が、BIM の導入を進めることでミスを削減しています。貴社の状況と比較しながらご覧ください。

    Image courtesy of lorem ipsum

その他のリソース

  • COP26:良い影響の拡大を加速させるために

    気候変動に対する世界的な取り組みを加速させるためには、テクノロジーが必要です。オートデスクは各業界のお客様と提携しながら取り組みを推進しています。「国連気候変動枠組条約第 26 回締約国会議」(COP26)の重要な目標に向けて、オートデスクがどのような活動を行っているかご覧ください。

  • クリーン エネルギーと社会的価値を創出する韓国の燃料電池技術プロジェクト

    韓国は最初にパンデミックの影響を受けた国の 1 つです。この危機的状況の中で、効率が高く環境に優しい燃料電池技術の開発が加速し、デジタル イノベーションとスマート シティの取り組みを推進するグリーン ニュー ディール政策が打ち出されました。

  • 太陽光発電のイノベーター AFTERFIT が日本のグリーン エネルギー転換を促進

    日本は 2050 年までに排出量ゼロを達成するために、2030 年までにエネルギーの 46% を再生可能エネルギーにする必要があります。グリーンエネルギー企業の afterFIT は、ドローン、3D 設計、シミュレーションを駆使して、低炭素目標の実現に向けてサポートしています。

担当者との電話相談をご予約ください

ネット ゼロへの道のりをオートデスクがサポートします

建築設計・エンジニアリング

下のリンクをクリックして、建築設計・エンジニアリング分野のオートデスク担当者との電話相談をご予約ください。

設計・製造

下のリンクをクリックして、製造分野のオートデスク担当者との電話相談をご予約ください。

建設・施工

下のリンクをクリックして、建設・施工分野のオートデスク担当者との電話相談をご予約ください。

サステナビリティのゴールに向けてオートデスクがお手伝いします。

お問い合わせはこちら

レポートをダウンロードするには以下のフォームにご入力ください。

サステナビリティのゴールに向けてオートデスクがお手伝いします。

X

お問い合わせありがとうございます。オートデスクの担当より、ご連絡させていただきます。

お問い合わせありがとうございます。オートデスクの担当より、ご連絡させていただきます。