• 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

記事

AutoCAD と Inventor の連携で便利になることとは?

強力な 2 つのツールのパワーを融合。2D と 3D のワークフローをつないで、CAD ソフトウェアの機能を最大限に発揮しましょう。AutoCAD と Inventor を組み合わせることで、3D モデルを活用しながら、設計作業を効率化します。

1. 既存の 図面から 3D モデルを作成

AutoCAD で作成したソース 2D ジオメトリに関連付けられた 3D パーツを Inventor で作成すると、高度なシミュレーション、衝突チェック、レンダリング、NC ツールパスを活用できるほか、後工程においてさまざまな形で 3D モデルを活用できます。DWG™ を使用したワークフローなら、各作業に適したツールを選び、2D と 3D をシームレスに切り替えながら作業できます。AutoCAD でジオメトリが変更されても、Inventor パーツは自動的に更新されます。

電気系統と機械系統を同時に設計

2. 電気系統と機械系統を同時に設計

AutoCAD Electrical と Inventor をリンクさせ、エレメカ プロジェクトを密接に連携。わずか 2 ステップでプロジェクト ファイルのリンク設定と関連付けを行うことができます。この時、AutoCAD Electrical と Inventor の間では、設計変更が自動的に同期されます。また、電気回路図のコンポーネントにマップされた 3D パーツのカタログを Inventor のインストーラーから取得でき、さらに配線の自動接続やハーネスのレイアウトといった機能も利用できます。

電気系統と機械系統を同時に設計

3. ネイティブ DWG ファイルのライブラリおよび図面を作成

Inventor や AutoCAD で作成した DWG ファイルはプラットフォームを超えて作業が可能であるため、図面ビューやライブラリを AutoCAD で 3D モデルから簡単に生成できます。Inventor データの表示、印刷、計測も AutoCAD 内で直接行えます。モデルに戻って変更を加えても、手動での更新は必要ありません。図面ビューは関連付けられたパーツやアセンブリと連動して更新されます。

4. Inventor と AutoCAD で図面テンプレートを共有

AutoCAD と Inventor の両方で同じ図面テンプレートを使用することで、生産性を向上できます。AutoCAD ファイルから DWG テンプレートを作成するのは、Inventor で AutoCAD ファイルを開いて新しい標準仕様を指定するのと同じくらい簡単です。

5. 2D の工場レイアウトを 3D で表現

Factory Design Utilities を使用すると、AutoCAD で既存の設備レイアウト DWG ファイルを開き、その図面にファクトリ情報を追加できます。追加されたデータは、レイアウトの解析とレポートの生成に必要となるほか、Inventor に 3D レイアウトを配置する際に使用することもできます。2D の AutoCAD 図面と 3D レイアウトの間にリンクが設定されているので、プラットフォームを超えてデータが常に同期されます。

電気系統と機械系統を同時に設計