Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

プロジェクト管理

プロジェクトの
優れた管理で
高い評価を獲得

デジタル変革を実現することで、インフラ プロジェクトを 1 つにまとめ、可視性を向上し、管理能力を高め、さらに大きな利益を上げることが可能になります。

BIM が納期と予算の遵守に役立つ 4 つの理由

eBook『土木エンジニアリングにおける CIM 利用のメリット』

BIM/CIM を導入すれば、プロセスをすべて 1 つに統合できます。別々の場所に分かれて作業するチーム メンバー、さまざまな種類のデータ、複数分野にわたるワークフローを、相互運用可能なツールのエコシステムによって共通プラットフォームに統合し、効率的なワークフローを実現しましょう。

プロジェクトの成功を支える柱

BIM/CIM は、インフラ プロジェクトを管理するための単なるツールセットではありません。

人、情報、プロセスを 1 つにまとめることでプロジェクトを成功に導く、包括的なワークフローです。

  • この橋のような土木インフラ プロジェクトには、多くのチームの連携が必要

    チーム間の壁を取り除く

    Civil 3D と BIM 360 Design の連携

    一元的なデータ プラットフォームを利用すれば、異なる部門やオフィス間でもシームレスに情報を共有できます。ワークフローの策定にかかる時間が減り、作業に集中する時間をより多く確保できます。

  • 橋梁の設計、複雑なインフラ ネットワークの一部

    複雑な問題をしっかりと管理

    eBook『BIM/CIM のワークフロー』

    BIM ワークフローを導入すると、設計品質の向上、プロジェクト スケジュールの徹底した管理、エラーの削減、確実なコスト管理が実現し、あらゆる土木インフラ プロジェクトに明らかなメリットがもたらされます。

  • この道路網のように、設計プロジェクトで BIM/CIM と GIS データを統合

    充実したデータで、現況を明確に把握

    eBook『BIM/CIM と GIS の統合』

    位置情報を設計プロセスに活用することで、プロジェクト全体を把握できるようになります。リアルタイムの正確な情報を取得できるため、プロジェクトの遅延が生じることもありません。

画期的な設計の実現に必要なツールを入手

お客様の未来への投資をサポート

お客様が未来のインフラ実現に向けて計画的にテクノロジーへの投資を行えるように、オートデスクは、将来を見据えたロードマップを詳細にご提示しています。オートデスクのサービスを利用して、ソフトウェア ベンダーの一本化を図りませんか?BIM/CIM やジェネレーティブ デザインなど、進化し続けている高度な機能をぜひご活用ください。