連携ツールで、チームを連携

建設業界は急速に変化しています。そして業界のエンジニアリング企業は、BIM を基盤とした統合エンジニアリング ワークフローを導入することで、
競合優位性を獲得し、収益を改善しています。

スマートなエンジニアリングで、成果が向上

GRAEF 社が競合性を獲得した方法をご覧ください

「プロジェクトだけでなく、スタッフの社内トレーニングも加速します」

- GRAEF社 社長/Michael Vogel 氏

GRAEF 社は、BIM および統合エンジニアリング ワークフローを導入することでサービスを拡大し、優秀な人材を維持し、プロジェクトの工期を 30% 短縮することに成功しました。

強固な基盤から成功が生まれる

BIM のコラボレーション ツールやコーディネーション ツールで、ミスや手戻りを回避。プロジェクトのリスク軽減と、作業時間の短縮が実現します。KLH 社と Max Fordham 社の導入事例をご覧ください。

KLH 社:BIM の最新手法で受注が増加

KLH 社では BIM へ移行した結果、協力会社と共に完遂できる業務量が 3 倍に増加しました。

Max Fordham 社:BIM への移行によってプロジェクト成果が向上

Max Fordham 社では Revit へ移行した結果、エンジニア 1 人あたりの生産性が 23% 向上しました。

BIM を基盤に、さらに大きな成果を実現

一部の企業は BIM の導入を拡大してさらにスマートなワークフローを実現し、豊富な情報が組み込まれたモデルを基盤に共同作業を進める統合エンジニアリング プロセスを活用しています。

お問い合わせ

BIM の導入を始めませんか? 以下のフォームに入力して、担当者にお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ頂きありがとうございます。
追って担当者よりご連絡させて頂きます。