BIM 活用が導く建築設備の未来

「製造」と「建築」を融合する
オートデスクの最新テクノロジー

建築設備メーカーが BIM への対応を求められている理由とは

  • 設備 BIM 最前線:設計/施工/維持管理をつなげる BIM の実現

    なぜ BIM が建設業において必要なのか、いかに設備分野で BIM を進めていくべきか、その答えを探るために設計事務所やゼネコン・サブコンの業界リーダーによるパネルディスカッションを開催

  • BIM を活用した受注増加につなげる取り組みとは

    設計・施工会社からの要求が高まっている BIM コンテンツが、いかにクライアントのプロジェクトの効率性を向上させるのか、どんな付加価値を提供するのかを解説し、どう受注増加につながるのか、その対応策を解説

  • 設備設計向け BIM パーツ(ファミリ)活用セミナー

    BIM の国内・海外動向や採用が加速している背景、Revit でのファミリ活用法、Inventor を使ったファミリ作成法まで、建築設備メーカーを取り巻く一連の環境について解説セミナーを開催

BIM を活用しているお客様からの声

建築設備における BIM データの必要性と、BIM がもたらすビジネスへの効果について、お客様のお声をご紹介します。

伊藤 久晴 様

大和ハウス工業株式会社
技術本部 建設デジタル推進部 次長

メーカー様に提供していただくファミリは、BIMによる建築業界の生産性向上のために非常に重要です。早期に仕様を決定するフロントローディングによる効率化、建物の維持管理におけるデータ活用に、製品情報が正しく入ったファミリが必要です。

橿棒 直紀 様

コイズミ照明株式会社
取締役 首都圏市場開発統括部 統括部長

ファミリデータの提供により新しい顧客接点創造が出来ました。また照度検証等リアルな空間ビジュアライゼーションで基本構想から確度の高い光環境デザインを可能とし、クライアントの空間価値及び事業価値の向上に寄与するものと期待します。

今さら聞けない BIM の価値とは

BIM 関連情報 特設ページ

BIM/CIM の定義から、国土交通省や各種業界団体のガイドライン、イベント情報や関連資料のダウンロード等への案内をまとめたページです。まず初めに BIM について学びたい方は是非ご覧下さい。

BIM オンライン講座

建設業において活用が進む BIM ですが、今更聞けない BIM の定義や BIM がもたらすメリット、活用法や BIM の先にある建設業の未来について、基礎編~実践編~発展編の全 3 回のオンライン講座を開催しました。ご理解度に応じて、オンデマンドでご覧いただけます。

明日から BIM への対応を始めるには

建築設備メーカーの皆様向けに、明日から BIM への対応を始めるために役に立つ資料をご用意しております。オートデスクからのサポートをご希望の方はページ下部よりお問い合わせください。

  • CAD 技術者のための BIM 実践本

    BIM に取り組む上での課題と解決策、3D 設計と 2D 設計の併用におけるメリットをマンガを交えて紹介

  • トレーニング教材

    Inventor を使った BIM パーツ作成の基本操作から、Revit ファミリの出力手順を学べるトレーニング教材

  • 未来へつなげる BIM とは

    Revit ファミリを作成する際に、なぜ「共有パラメータ」を正しく設定することが必要なのか解説

  • BIM-design.com ライブラリ

    適切なファミリを作成する上での仕様書、テンプレート、ジェネリックファミリ、サンプルモデルなどがダウンロード

建築設備の BIM を活用しているお客様事例や関連資料

  • 事例: フジテック株式会社

    3D CAD ソフトの Inventor を活用することで、仕様決定から製造までの期間を短縮。オートデスク製品の連携活用で、社内一貫生産体制をブラッシュアップ しています。クラウド上の 3D モデルを使った顧客との仕様確認を行うことで、大幅な効率化を実現しました。

  • 事例: Con-form Group 社

    急成長を見せる革新的な組み立て式架台システ ムを支える 3D モデリングとエンジニアリング オートメーションでの BIM 活用。デジタルビジュアライゼーションとオンラインの製品コンフィギュレーターで、より多くの契約を獲得しています。

  • 事例: Ideal Standard 社

    BIM の利点を取り入れ、競合他社の一歩先をいく未来のバスルームを構築し、競争力を高めた事例。Inventor と Revit の連携を決め手に、BIM 活用で、サプライヤー契約を増やしています。

  • 事例: Vent-A-Hood 社

    3D モデリング、エンジニアリングの自動化、データ管理にオートデスク製品を導入し、カスタムレンジ フードの設計開発を合理化しています。完全なモデルを作成するために要する時間は、以前は 1 ヵ月程度かかってたものを、今はそのほとんどが数時間のレベルにまで短縮しています。
    画像提供:Vent-A-Hood 社

  • 建築・設備メーカーが Autodesk Inventor を選ぶ理由

    BIM, CIM コンテンツ作成になぜ Autodesk Inventor なのか? BIM ツールである Autodesk Revit と Inventor の相互運用性について紹介

  • 建築設備メーカー向けオートデスク製品の選び方

    お客様の利用目的に合わせた最適な製品が一覧表から簡単に探せます。また、オートデスク各製品の簡単な概要も記載

  • 製造メーカー向けガイド:建築業界の今後の展望

    製造メーカーの建設業界における影響力は、ますます大きくなっていきます。建設業界が今後どうなっていくかについて解説

  • 2020 年に見直すべき重要事項

    未来の建築プロジェクトが現在の製造メーカーにどのような影響をもたらしているかについて、グローバル企業の視点から解説

  • 建築設備メーカーがオートデスクを選ぶ理由

    オートデスクは、BIM エコシステムの連携を通じて、建築設備メーカーと特注部品加工メーカーの設計をサポートし、革新的なソリューションを提供しています。選ばれる理由トップ 5 を紹介

オートデスクの BIM 設備ソフトウェア

Compare
製品の詳細情報

お客様にご満足いただける BIM パーツを作るには

せっかく時間をかけて作ったBIMパーツが、クライアントから「重くて使いづらい」と言われたことはありませんか?

クライアントに満足していただくには、品質の高いBIMパーツデータを提供することがビジネスを成長させる鍵です。
そのお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にオートデスクにお問い合わせください。

お問い合わせいただきありがとうございます。営業担当者より後日ご連絡いたします。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}