Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 - - - - autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

神奈川大学 経営学部:経営学部でものづくりを学ぶ

学生が設計や生産を自ら手掛け、価値が生まれる過程を体験することで、経営とものづくりでの視野を広げ、高い提案力を備える人材の育成に取り組んでいる事例です
詳細はこちら

SWELL: オープン コミュニティから生まれたスプーン不要のコップ

Autodesk Creative Design Awards 2016「ものづくり部門」グランプリ獲得作品。凹凸パターンを施すことにより、マドラーやスプーンがなくても粉末を溶かすことができる、機能性と美しさを両立したコップを製作したストーリーです。
詳細はこちら

自作ドローン X VEIN で人命救助を目指すチーム ROK

東日本大震災を目の当たりにし、人命救助や災害支援に貢献したいという強い思いから、埼玉大学電気電子システム工学科の2人が人命救助用ドローンを制作。機体強度、軽量性、安全性のクリアするデザインを、ジェネレーティブ デザインの融合により実現しています。
詳細はこちら

Walky: 学生チームが開発した、よりスマートな IoT 白杖

東工大メディア研究会が、視覚障がいを持つメンバーの従兄弟が抱える問題の解決のため、よりスマートな「電子白杖」を考案。急速に進化を遂げている画像認識のテクノロジーと超音波センサーを搭載し、障害物を音声通知するユニークなIoTデバイスです。
詳細はこちら

SpaceX のハイパーループ ポッド コンペが証明する学生エンジニア達の才能

ハイパーループ ポッドのプロトタイプでスピードを競う 2 次コンペに向け、世界中の学生チームがフル機能のユニットをデザイン & 制作。その多くで Fusion 360 が使用されています。
詳細はこちら

慶應アルファ: ハイパーループ構想を学生チームが加速

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科のチームが、ハイパーループ構想の実現に向け SpaceX が開催するコンペへの参加ポッドを制作。アジアから本戦進出を果たした唯一のチームとなっています。
詳細はこちら

3D プリンタで出力して誰でも簡単に作れる電動義手

秋葉原の小さなメーカーの若いエンジニアたちが、従来とは一線を画す全く新しい義手を開発。3D プリンタで出力して誰でも簡単に作れる電動義手で、しかもその設計や製造ノウハウは世界に公開されています。既存の技術やツール類を起爆剤に彼らが進める、この小さな革命は、まだ誰も見たことのない、新たな「ものづくり革命」の事例です。
詳細はこちら

アンダーアーマーがジェネレーティブデザインと 3D プリントシューズでフットウェアの世界を変革

自然の有機的な形状にインスパイアされた特殊な構造を取り入れた、独自のカスタムクッション機構を採用。ジェネレーティブ デザインの 3D プリントにより、フットウェアの世界を変革したプロダクトを紹介しています。
詳細はこちら

Fusion 360、3D プリンターを核に創造するデジタルファブリケーション時代のデザイン教育

Fusion 360 を授業に導入し、3Dプリンターを核に創造するデジタルファブリケーションによる最先端のものづくりに対応する人材の育成やデザイン教育に取り組んでいる事例です。
詳細はこちら