Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

MAKEストーリー オンデマンドシリーズ

ものづくりの現場に
高度な製造プロセスを

オートデスクソリューションでトライを軽減させる2つのリバースエンジニアリングワークフロー

オートデスクソリューションでトライを軽減させる2つのリバースエンジニアリングワークフロー

日本のものづくりの現場を取り巻く環境の変化、例えば、労働者人口の減少・高齢化、国際市場での競争、利益率の低下などにより、ものを作る環境はめまぐるしく変化しています。 このような状況でも、利益を上げ、市場をリードするためにはどのような取り組みが必要でしょうか?

ものづくりの現場の方々が、高度な製造プロセスへのデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するための『MAKEストーリー』で、皆様が抱える課題解決へのヒントとしていただけるオンラインセミナーです。

今回ご紹介するのは『オートデスクソリューションでトライを軽減させる2つのリバースエンジニアリングワークフロー』。

試作製造が終了した後と、製品製造を行う前段階のそれぞれのリバースエンジニアリングを、オートデスクの製造ソリューションの中から例題に沿って紹介し、コスト削減に貢献できる手戻りを少なくできるワークフローをご提案します。

<このような方におすすめ>

  • 設計から成型までの間で、高品質で手戻りのないワークフローを確立したい
  • 成型に関するトライアンドエラー、型の修正、作り直しが多い
  • 樹脂流動解析は行っているが、結果をうまく反映できない

スピーカー:

  • 鈴木 裕志

    オートデスク株式会社
    デジタル マニュファクチャ
    リング グループ
    営業技術部
    テクニカルスペシャリスト