Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

5 つの方法

没入型
ビジュアライゼーション

設計プロセスを改善する

設計テクノロジーの革新およびその広範な普及により、ビジュアライゼーション機能は急速に進化しています。バーチャルリアリティ、没入型ビジュアライゼーション、拡張現実、複合現実などが飛躍的に進歩したおかげで、建築設計者を含む大企業や中小企業が容易にビジュアライゼーションを利用できるようになりました。

没入型ビジュアライゼーションは、3D BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)モデルを魅力的で体験可能な VR に変換できる、アクセス性と操作性に優れたテクノロジーです。これらのツールを使用すると、建築設計者は初期コンセプトから最終的な設計レビューまで、設計プロセスを改良したり刷新できます。

設計した結果の中に入って空間内を歩いたり、変更を検証したり、決定の影響をよく理解できると、設計が向上して顧客満足度を向上できます。没入型ビジュアライゼーションを取り入れて、設計プロセス、関係者のコラボレーション、最終設計をより高いレベルに引き上げてください。

 

設計に入り込む

没入型ビジュアライゼーションで、静止画のレンダリングや所定のウォークスルーでは実現できない方法で、設計した結果を体験および理解できます。モデルの中をバーチャルウォークスルーで自由に移動できるので、スケール感や比率をよりリアルに感じ取り、建物の利用者が設計中のモデルを使って実際にどのような建物になるのかが理解できます。

設計を何度もすばやく修正でき、変更結果が妥当であるかどうかを的確に検証できます。

静的から動的へ

建物オーナーが求めるものが変わってきています。設計レビューで 3D モデルやレンダリングを提示しても、以前ほど説得力は感じられません。没入型ビジュアライゼーションで、プロジェクト関係者はかつてないインタラクティブな設計レビューが行えるので、設計プレゼンテーションの全体的な質が大幅に向上します。

動的な建築ビジュアライゼーションの実現により、関係者は自由に動き回って設計の意図を体験でき、さまざまな視点から竣工後の建物の状態を見られるようになりました。モデルに変更を加えると、ビジュアライゼーションにも変更が反映されます。

 

静的から動的へ

建物オーナーが求めるものが変わってきています。設計レビューで 3D モデルやレンダリングを提示しても、以前ほど説得力は感じられません。没入型ビジュアライゼーションで、プロジェクト関係者はかつてないインタラクティブな設計レビューが行えるので、設計プレゼンテーションの全体的な質が大幅に向上します。

動的な建築ビジュアライゼーションの実現により、関係者は自由に動き回って設計の意図を体験でき、さまざまな視点から竣工後の建物の状態を見られるようになりました。モデルに変更を加えると、ビジュアライゼーションにも変更が反映されます。

バーチャルを現実に

デスクトップ上のモデルを、非常にリアルなバーチャルリアリティ(VR)で体験できるようになりました。設計者と建物オーナーの両方が設計に入り込んで、着工前に設計内容を十分に理解および検討できます。

複数の関係者が VR ヘッドセットを装着し、竣工後の建物を閲覧しながら変更内容を確認できます。建築モデルは理解しにくいことがありますが、VR で表示されたものなら確実に理解できます。

 

 

バーチャルを現実に

デスクトップ上のモデルを、非常にリアルなバーチャル リアリティ(VR)で体験できるようになりました。設計者と建物オーナーの両方が設計に入り込んで、着工前に設計内容を十分に理解および検討できます。

複数の関係者が VR ヘッドセットを装着し、竣工後の建物を閲覧しながら変更内容を確認できます。建築モデルは理解しにくいことがありますが、VR で表示されたものなら確実に理解できます。

主導権を握る

ビジュアライゼーションテクノロジーは、あらゆるスキルレベルの建築設計者に使用可能です。ツールはシンプルかつ直感的で、トレーニングはあまり必要ありません。

簡単な操作で、すばやく何度でも BIM モデルを没入型ビジュアライゼーションに変換できます。洗練されたビジュアライゼーションが必要な場合は、ビジュアルデザインの専門家に簡単にデータを渡すことができ、高度なツールでモデルに磨きをかけてもらえます。

主導権を握る

ビジュアライゼーション テクノロジーは、あらゆるスキル レベルの建築設計者に使用可能です。ツールはシンプルかつ直感的で、トレーニングはあまり必要ありません。

簡単な操作で、すばやく何度でも BIM モデルを没入型ビジュアライゼーションに変換できます。洗練されたビジュアライゼーションが必要な場合は、ビジュアル デザインの専門家に簡単にデータを渡すことができ、高度なツールでモデルに磨きをかけてもらえます。

グループコラボレーションを強化する

没入型ビジュアライゼーションによって、設計レビューがさらにインタラクティブになりました。関係者は設計内を歩き回り、複数の視点や異なる角度から見ることで、空間を真に感じ取れます。潜在的な問題を特定して対処したり、早期に改善策を見つけられるので、コストのかさむ手戻りやプロジェクトスケジュールの遅延を回避できます。

建築設計者、エンジニア、施工会社、建物オーナーの間で設計を共有し、重要なフィードバックを提供できるようになり、建物オーナーの期待に応えられ、顧客満足度が向上します。

 

 

グループ コラボレーションを強化する

没入型ビジュアライゼーションによって、設計レビューがさらにインタラクティブになりました。関係者は設計内を歩き回り、複数の視点や異なる角度から見ることで、空間を真に感じ取れます。潜在的な問題を特定して対処したり、早期に改善策を見つけられるので、コストのかさむ手戻りやプロジェクト スケジュールの遅延を回避できます。

建築設計者、エンジニア、施工会社、建物オーナーの間で設計を共有し、重要なフィードバックを提供できるようになり、建物オーナーの期待に応えられ、顧客満足度が向上します。

設計を体験する

没入型ビジュアライゼーションを使用すれば、設計プロセスを改善し、建築設計者はより優れた建物を設計できます。没入型ビジュアライゼーションワークフローをサポートするテクノロジーを設計プロセスに組み込む方法について学びましょう。

最適な手順や方法を説明した e ブックで、没入型ビジュアライゼーションを最大限活用し、設計プロセスを改善する方法を学習できます。

e ブックを参照する