Fusion 360 オンデマンドセミナー

Fusion 360 ではじめる
電子基板設計とメカ設計の
コラボレーション

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor.

Image courtesy of lorem ipsum

Fusion 360 ではじめる
電子基板設計とメカ設計のコラボレーション

これまで別工程で行われていた電気系設計と機械系設計の連携作業を実現

いつの時代も探求される製品開発フローの効率化ですが、これまで電気系と機械系の設計が異なるツールで進められ、その特性上順番に設計されていました。Fusion 360では、メカ設計と電子基板設計が同一プラットフォーム内で利用でき、互いの進捗を確認しながら同時に進めることができます。  

本セミナーでは、Fusion 360 でできる電気設計の基本的な設計フローについてキーポイントを押さえながらご紹介します。

また、電子設計のエキスパートである、藤崎淳子 様をゲストスピーカーとしてお招きし、ご意見番としてお話しいただいております。

wp-form-before: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt.

ご登録いただきまして、ありがとうございます。アクセスURLをご案内します。

スピーカー:

関屋 多門

オートデスク株式会社
Fusion 360
テクニカル スペシャリスト

藤崎 淳子 様

Material工房・テクノフレキス代表

2006年にMaterial工房・テクノフレキスを開業。主に電子部品製造メーカーの生産現場をアシストする治具や機器の製作を請け負う。 現在も、従業員は自分だけの「一人ファブレス」を看板に、現場打ち合せ、設計、部品加工手配、組み立て、納品を一人でこなす。 金属加工、樹脂加工、プリント配線板製造に関わった経験とその応用で加工提案も行う。

Material工房・テクノフレキス

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}