Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

AutoCAD が演出する舞台の世界

舞台美術は振り付けのようなものです。とは言え、派手な色のレオタードに身に包んだ元気いっぱいの歌い手たちが、大喝采の中、一糸乱れずに踊るあの世界のことではありません。出演者が周りのセットをどのように使うか、音楽が数小節流れる間に建物をどうやって消したり出現させたりするか、バルコニー席の観客に、前列正面の席の観客とはまったく違った見え方を(興ざめになることなく)楽しんでもらうにはどうすればよいか、といったことです。

どんな舞台でも、夢中になれるかどうかはセットのデザインに大きく左右されます。舞台の第一印象はデザイン(やデザイン性のなさ)で決まることが多く、印象に残る舞台になるかどうかもたいていデザインが関わります。舞台デザインには魔法のような力があります。ブロードウェイやウェスト エンドでは、まるで妖精の粉がまかれたかのように席に座っていられなくなる瞬間があります。高校の講堂にいるのに、ロミオとジュリエットがいるヴェローナに自分もいるかのように感じたり、アレクサンダー・ハミルトンが生きていた 1776 年やピーター・パンのネバーランドに気持ちが飛んでいくこともあります。

フック船長(アナ・フランコリーニ)と海賊(『ピーター・パン』より)。画像提供: スティーブ・タナー氏

ロンドンのナショナル シアターのプロジェクト ドラフトマン、オリ・クーパー氏の仕事は、観客を劇に引き込む舞台作りです。「デザイナーの図案から 1/25 スケールのモデルを作成します。もとになるのがデザイン コンセプトだけのこともあります。そこから図面を起こし、デザイナーが予算や機能性、素材のコストをもとに手を入れたり作り替えたりできるようにします。次に、いわゆる『ベンチ図』というものを作り、木材や金属材を使って装置や大道具、小道具を作る実際の作業に入ります。同時に、これらの要素をすべて組み込んだ舞台の基本計画図(要するに設計図)も作成し、それぞれの要素をどのように組み合わせるのか、つまり、舞台の上での動きを振り付けます」

オリ・クーパー氏(ロンドンのナショナル シアターにて)。

彼の仕事はこれで終わりではありません。最後の幕が下りたとき、セットをどうするのかも考えなくてはなりません。「初日までの保管場所はもちろん、舞台が終わった後どこに保管するのか、どこかに移したり廃棄処分にするのかどうかを決めておかなければなりません」

クーパー氏は、ナショナル シアターで 5 年にわたり、話題の舞台の多くに制作者として関わってきました。そんな彼が、どの舞台でも変わりなく成果をあげるために頼っているのがソフトウェアです。

「私が話したことがある人が、みな AutoCAD を使っているのにはうなずけます。舞台作りの過程では、物事がめまぐるしく変化しますが、AutoCAD のおかげで、プログラムごとにすっかり異なる過程に遅れることなく付いていくことができます。生み出そうといるものを正確に、でも自然な形で作り出せます。正確さと自然さはバランスを取るのが非常に難しいのです」

AutoCAD で作成した鼓楼の大掛かりな基本構造の図。画像提供: オリ・クーパー氏

AutoCAD の動作には一貫性がありますが、舞台ではそれ以上に、同じ場面を何度も再現できなければなりません。2013 年のミュージカル『The Light Princess』では、主演女優は登場シーンのほとんどで、スポットライトを浴びながら宙を飛ばなければなりませんでした。2012 年の舞台『Ark-ive』では、劇場の外に自立型の箱船を建造し、ガーディアン紙に、「灰色のよろい張りの船が陸に引き上げられている。舞台セットと川岸の廃品をリサイクルして作られたこの船は、全長約 17 メートル、マストの高さは 10 メートルにも及ぶ」と紹介されました。1

『The Light Princess』。画像提供: ブリンコフ・メーゲンブルク氏
『Ark-ive』。画像提供: オリ・クーパー氏

ローレンス・オリビエ賞にノミネートされた『ピーター・パン』も、彼が手がけた作品です。舞台に豪華な寝室や海賊船は出てきません。ネバーランドは、どこから見てもさびついた倉庫で、そこが子供達の隠れ家になっています。ワイヤーは丸見えで、すべてが、おばあちゃんの屋根裏部屋で仮装して遊んでいる場面のようです(おばあちゃんが、閉鎖された造船所に暮らしていればの話ですが)。

『ピーター・パン』より、ピーター・パン(ポール・ヒルトン)とフック船長(アナ・フランコリーニ)。画像提供: スティーブ・タナー氏

舞台裏は、日の当たらない地味な世界という印象がありますが、仕事には正確さが求められます。「デザイン画に期待される品質とレベルを思うと、AutoCAD を別の製品に変えることは個人的にないと思っています。最近アドインがいくつか加わり、趣向を凝らせる多数の機能を AutoCAD で使えるようになりました。ちょっとした機能が次々追加されるので、汎用ツールとして機能が向上しているだけでなく、特定用途向けとしても、私が知る限り最も優れたツールです」

AutoCAD で作成した、鼓楼の最上部にある車輪板の図面。画像提供: オリ・クーパー氏

クーパー氏は、チームの可能性をもう少し押し広げようと、AutoCAD をベースに 3ds Max や Stingray などの他のオートデスク製品を併用し、観客席からの視線のテストに乗り出しています。その過程は驚くほど複雑で、セットの構成要素それぞれについて、多数の変数を考慮しなければなりません。

生の舞台では、上演の度に観客が感じることが違ったり、そのステージだけの瞬間があったりしますが、役者がそうした体験を生み出すには、正しいセットが正しい場所に正しいタイミングで現われなければなりません。セットが壊れていたり、すり減ってしまったり、動きが正しくなかったりでは困るのです。セットの動きを完璧に管理するクーパー氏は、役者にとってもありがたい存在です。

『The Light Princess』。画像提供: ブリンコフ・メーゲンブルク氏

AutoCAD 製品のお問合せ先

フリーダイヤル: 0800-080-4245
営業時間:9:00 - 17:30 (土日祝日を除く)

サポートのお問合せ方法はこちら

体験版を試す

オンラインで下記より購入

Autodesk Japan 公式ストア

CAD 百貨CGiN

販売店から購入

オートデスク株式会社 〒104-6024  東京都中央区晴海 1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F

Autodesk、オートデスクのロゴ、AutoCAD および TrustedDWG は、米国およびその他の国々における Autodesk, Inc. およびその子会社または関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。