Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

ハンドバッグ ビジネスの窮地を救った AutoCAD LT

30 年ほど前、当時のニューヨーク市のイースト ビレッジは今よりずっと無骨で、工場が立ち並んでいました。この場所で生活していたウェンディ・スティーブンス氏は、ダンスクラブで働き、さまざまなアーティストたちと交流しながら、作品のアイデアを温め続けていました。それが、板金製のハンドバッグを製作することでした。

金属加工に関してまったくの素人であったスティーブンス氏にとってのスタートは、その技術を習得することでした。必要な機材を揃え、住んでいたビルの配管工にアドバイスを求めることさえありました。長い年月をかけて洗練を重ねた彼女の手作りのハンドバッグは、美術館やヴォーグ誌で見かけてもおかしくないくらいの、文字どおり芸術作品へと変貌を遂げました。

LeopardTote
ChestnutBag
Baguette
スティーブンス氏が製作したハンドバッグ: ヒョウ柄トートバッグ、チェストナット柄バッグ、バゲット バッグ。画像提供: ウェンディ・スティーブンス氏

1997 年、スティーブンス氏はニューヨーク市からペンシルバニア州の郊外に移り住み、納屋を改装した工房を製作とビジネスの拠点としました。そこで「ローテク」の製作を続けていた彼女の工房は、12 年前に悲惨な火災に見舞われることになります。この火災は、彼女の工房と、長年金属を叩きあげ積み上げてきた板金のテンプレートを根こそぎ奪っていきました。彼女はそれまで一度も図面を作成したことがありませんでした。再起を図ろうと準備する中、スティーブンス氏は板金のフォト エッチングを行っている化学加工会社のオーナーである男性に出会いました。のちにこの会社が彼女に板金のエッチング加工技術を提供することになります。ここでスティーブンス氏は、現実を突きつけられました。

「彼は私の作品を一目見て、『図面はあなたが作成してください。この部分は私たちがお引き受けできる作業ではありません』と言いました。取りつく島もありませんでした」とスティーブンス氏は言います。「彼の言葉は私にとっては衝撃的でしたが、夫にも『彼の言うとおりだ。君のデザインはユニークすぎる。君自身が図面を作成するしかない』と言われました」

もはや、テクノロジーから逃げている場合ではありませんでした。スティーブンス氏は AutoCAD LT のオンライン トレーニング講座に登録し、一方で地元の大学でこのソフトウェアについて学べる資料やコースを探し始めました。1 年も経たずに、彼女は破壊されたテンプレートをもとに、完全にデジタル化されたリソースを作り上げました。それだけではありません。ビジネスに対するまったく新しいアプローチを見つけることもできました。

スティーブンス氏が AutoCAD で作成したレース模様のハンドバッグの図面、フォトエッチング加工済みのテンプレートのパーツ、完成したレース模様のクラッチ バッグ。画像提供: ウェンディ・スティーブンス氏

スティーブンス氏は今でもプレス ブレーキ、圧延ロール、ハンド ブレーキ、その他もろもろのハンド ツールを使いながら、すべてのバッグを手作業で製作しています。しかし、AutoCAD LT を使用するようになって、以前は不可能であったデザインの新しい可能性を模索できるようになりました。フォト エッチングによる金属加工により、製作工程は劇的に変化しました。現在、彼女は 140 種類を超えるハンドバッグのデザインを AutoCAD LT で生み出しています。

スティーブンス氏のハンドバッグ。画像提供: ウェンディ・スティーブンス氏

「それまではこうしたバッグの型をすべて手作業で切削して、リベット用に 1 つ 1 つ穴を開けていました。作業はすべてミリ単位で正確に行う必要があったので、切削やリベット用のパンチングには膨大な労力が必要でした。でも今は、AutoCAD LT でデザインを作成し、図面からエッチング加工用のパターンを形成した後は、エッチング加工会社に素材を発注して、製造用のパーツを受け取るだけです。エッチング加工済みのパーツがあるだけで、工程が驚くほど効率的になります。私が以前行っていた作業は、本当に原始的な作業だったことがわかりました。今は、すべての工程の結果を事前に把握できます」

「新しい技術を取り入れるのは、特に私のように小規模なビジネスを営み、すべての作業を個人で行っていた人間には勇気が必要です。でも AutoCAD LT のおかげで、自分で作成した図面から精緻なエッチングを施すことができるようになりました。素晴らしいとしか言いようがありません」

スティーブンス氏のハンドバッグ。画像提供: ウェンディ・スティーブンス氏

AutoCAD 製品のお問合せ先

フリーダイヤル: 0800-080-4245
営業時間:9:00 - 17:30 (土日祝日を除く)

サポートのお問合せ方法はこちら

体験版を試す

オンラインで下記より購入

Autodesk Japan 公式ストア

CAD 百貨CGiN

販売店から購入

オンラインで今すぐ購入

AutoCAD 無償体験版はこちら

オートデスク株式会社 〒104-6024  東京都中央区晴海 1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F

Autodesk、オートデスクのロゴ、AutoCAD および TrustedDWG は、米国およびその他の国々における Autodesk, Inc. およびその子会社または関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。