設計と製造

エンジニアに AUTOCAD と INVENTOR の併用をおすすめする理由

パラメトリック 3D CAD を使えば、2D では見えなかったものが把握できるようになります。Product Design &Manufacturing Collection に含まれる Inventor、AutoCAD などを組み合わせて設計し、開発プロセスを向上させましょう。

開発プロセスに新たな次元を

設計や開発プロセス全体の機敏性を高めることが求められています。これには異なるモデリング アプローチが必要です。パラメトリック モデリングを取り入れれば、設計変更がより簡単、正確に反映できるだけでなく、作成したモデルからより大きな価値を引き出せます。

この eBook 『エンジニアがパラメトリック モデリングを取り入れる理由』では、既存の設計データを最大限に活用する方法も併せて詳細をご紹介しています。

パラメトリック 3D の世界へようこそ

簡単に変更や理解ができるモデルの作成

3D で製品を設計すれば、人の脳内で図面を立体化する手間が不要になります。そのため潜在的な問題を早期に発見し、他の関係者に明確に伝えることができます。また、モデルはパラメータによって駆動し、ダウンストリームの成果物と連携しているため、開発プロセスの後半でも変更が容易で、すべてが自動的に更新されます。

3D モデルのフル活用

パラメトリック 3D モデルを作成したら、次はこれを最大限に活用しましょう。製品テストから NC プログラミング、製品コンフィギュレーションまで、数多くの下流工程作業をより迅速かつ正確に行うことができるため、開発プロセスをさらに強化できます。

既存設計データの価値を最大化

既存の設計資産を、新製品やアップグレード製品のパラメトリック 3D モデルを作成するための基盤として再利用できます。2D が最適な場合にはそのまま使用することもできます。AutoCAD と Inventor なら、ソフトウェア間のスムーズな連携によって、すべてのデータの同期が維持されます。

  • 国内事例: 「ILOGIC を使うようになってからは、1 日かかっていた作業を 2~3 時間で完成、このおかげで全体の約 20 パーセントの工数削減を実現することができました。」

    1 カ月に 1 人あたり 250 枚の図面をこなす住宅用ドアメーカー、株式会社 ハウテックでは、自動設計の活用によって工数削減および人的設計ミス ゼロを実現しました。

    ストーリーを読む

    画像提供:株式会社 ハウテック

その他のリソース

Product Design & Manufacturing Collection とは?

Inventor、AutoCAD、Fusion 360 などを駆使してモデリング アプローチを最新化し、開発プロセス全体の機敏性を高めましょう。

開発プロセスの革新を

プロセスを見直すことで、より優れた製品をより速く開発することができます。
ご質問やご相談は、オートデスクのセールス エキスパートまでお問い合わせください。ご利用可能な割引やキャンペーンの詳細もご案内いたします。

フリーダイヤル:0800-300-9437
(営業時間:9:00-17:00 土日祝日を除く)

お問い合わせいただきありがとうございます。担当者より折り返しご連絡差し上げます。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}