Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

IT 導入補助金の活用で
業務効率アップと
コストセーブを
同時に実現!

オートデスク製品も IT 導入補助金の対象となります

AutoCAD、Inventor、Revit をはじめとする単体製品から業界別コレクション製品まで、オートデスク対象製品の導入で、IT 導入補助金が活用できるチャンスです。

※ IT 導入補助金 2019 に、IT 導入支援事業者として登録されているオートデスク認定販売店から登録されている IT ツールを導入される場合に限ります。

 二次公募申請受付 :

2019 年 7 月 17 日(水)より開始 2019 年 8 月 23 日(金)まで

オートデスク製品を補助金対象ITツールとして登録されている
IT 導入支援事業者

IT 導入補助金 主な対象ソフト (2019 年 7 月 10 日現在)

IT 導入補助金の活用についてご案内致します

IT導入補助金の活用についてご案内致します

フォームに必要事項をご入力ください。オートデスク担当者よりご連絡致します。

IT 導入補助金を活用した製品導入についての
オートデスク電話ご相談窓口 (フリーダイヤル 平日 9:00 - 17:30)

製造業界のお客様
0800-300-9437

建築・土木業界のお客様
0800-123-6275

IT 導入補助金 とは?

自社の課題やニーズに合ったIT ツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する際に、その経費の一部を国が補助する制度です。2017 年から開始され、すでに多くの企業や事業者がこのIT 導入補助金を活用し、業務の効率化・売上向上を実現しています。

企業には今どんな課題があるの

労働人口が減少していくなかで、投資や業務変革による労働生産性の向上が急務となっています。就業者の不足を補い、かつ業務の効率化を達成する手段として「IT ツール」の導入・活用が求められています。

データで見る IT導入補助金

IT 投資活用の状況

出典:経営診断ツール(N:62,938

IT ツール活用の状況

出典:経営診断ツール(N:62,938

IT 導入補助金交付申請
(従業員数別)

出典:交付申請(N:62,893

補助金対象、利用用途と補助金額について

補助の対象になるのはどんな会社?

例えば製造業や建設業の場合、資本金の額または出資の総額が 3 億円以下で、常勤の従業員の数が 300 人以下の会社または個人事業主となります。

補助金はどんなことに使えるの?

ソフトウェア製品、クラウドサービス利用費、導入関連経費などが補助金の対象となります。

補助金は いくら 出るの?

オートデスク製品は、A類型に区分されます。
A類型:「業務プロセスを必ず1つ以上含み、合計2プロセス以上必要」

公募はいつからいつまで?

交付申請期間
2019 年 7 月 17 日 (水) - 2019 年 8 月 23 日 (金) 予定

● 交付決定日 : 2019 年 9 月 6 日 予定
● 事業実施期間 : 交付決定日以降 - 2020 年 1 月 31 日 予定
● 事業実績報告期間 : 交付決定日以降 - 2020 年 1 月 31 日 予定

但し、交付決定前に行われる事業については、補助対象外となりますのでご注意ください。

IT 導入支援事業者・IT ツール検索

みなさまのITツール導入をサポートするITベンダー・サービス事業者を調べることができます。

今すぐ検索 >

申請するにはどうすれば いいの?

  • 申請資格の有無確認、IT 導入支援事業者の選定等 の事前準備

  • IT 導入支援事業者の支援 のもと、ホームページから 申請に必要な情報を提出

  • 審査を経て採択されれば、 IT ツールを導入・活用

業種別 経営上の問題点 ワースト3

製造業

  1. 需要の停滞
  2. 原材料価格の上昇
  3. 従業員の確保難

建設業

  1. 従業員の確保難
  2. 熟練技術者の確保難
  3. 官公需要の停滞

サービス業

  1. 利用者ニーズの変化への対応
  2. 需要の停滞
  3. 従業員の確保難

IT 導入補助金活用による業務改革例 :
建築設計事務所

  • 事業内容:事業内容:一般住宅建築の設計
  • 従業員数:20
  • 導入製品:AECコレクション ( Architecture, Engineering & Construction Collection )

IT 導入補助金活用による業務改革例 :
自動車部品メーカー

  • 事業内容:自動車部品の開発・生産・販売
  • 従業員数:15
  • 導入製品:PDMコレクション (Product Design & Manufacturing Collection)
フィードバック