設計者向けオンデマンドシリーズ

機械設計マスターが教える設計講座
第 2 弾

設計者として生き残るためのスキルアップの提案

ご登録いただき、ありがとうございます。
下記よりご覧いただけます。

【スケルトン作成 編】

【アセンブリモデル作成 編】

新年度からの働き方を見直してみませんか?
20 年前や 10 年前と比べ、設計を取り巻く環境は大きく変化していますが、皆さんの職場はどうですか?時代に取り残されないためには、さらなるスキルアップ・キャリアアップが必要です。本セミナーでは、そのための具体的な設計手法について説明します。

大好評でした第 1 弾に続きまして、第 2 弾は「トップダウン設計手法」のテクニックについて解説してまいります。

トップダウン設計手法~スケルトン作成テクニック紹介

  • トップダウン設計とは(おさらい)
  • パラメータで設計仕様を表す
  • 分かりやすいスケッチを作成する
  • 簡単なフィーチャで形状・構成を表す
  • 2D 投影図を上手に活用する

トップダウン設計手法~アセンブリモデル作成テクニック紹介

  • 派生パーツで設計の意図を伝達する
  • アセンブリモデルを効率良く構築する
  • リプレゼンテーション機能で動作を表す
  • 構想モデルから詳細モデルを作成する

<スピーカープロフィール>
大学の機械工学科を卒業の後、国内外の大手自動車会社向けに生産設備を設計製作する会社において、機械設計、設計・生産管理、生産準備などの機械技術系の職務を幅広く経験。その後、オートデスク社にて、主に製造業のお客様向けに設計ソリューションの紹介・啓蒙・コンサルティングの業務に従事。CADの製品知識と製造業での実務経験をもとに、ユーザーの業務に適合した提案ができるのが強み。現在は独立して、これまでの知識と経験を社会にすべく活動中。

スピーカー

田中 洋次 氏

オクターブ・ラボ

本スキルアップ講座は、Autodesk Inventor を使用します。 30 日間無料体験版はこちら

【 オンデマンド配信中 】
機械設計マスターが教える設計講座 第 1 弾

<アジェンダ>

  • LOD( Level Of Development ) を意識した設計ワークフロー
    • 設計の進捗に合わせて、設計する範囲(仕様・詳細度)をルール化する手法
  • 3DCAD で設計をさらに効率化する手法
    • トップダウン設計手法

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}