Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

今だからこそ「デジタル変革」で
ビジネスチャンスを拡大

Banner image credits

昨今の新しい生活様式やビジネス環境の激しい変化に対応し、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、テレワーク・在宅勤務などの働き方に対する見直しや新しい取り組みが求められています。

企業規模にかかわらず、今後生き残っていけるのは、間違いなく変化に対応できる会社です。

本サイトでは、今製造業で求められている業務変革に対応するためのヒント、そして、必要な環境づくりについて解説します。


ものづくりをビジネスチャンスに変える
デジタルトランスフォーメーション

ものづくりの革新編

日本の製造業が生き残るために必要なものとして「ものづくり革新」に
期待を寄せ、既に何らかの準備を始めている企業も多く、その推進には
3D データの活用が不可欠。

3 次元設計資産を活用したデジタル変革が設計開発力の強化、国際的な
競争優位の獲得につながり、AI やクラウド、3D プリンターなどの
新たなテクノロジーを駆使できるようにすることで、今後の新しい
時代のものづくりへの進化を実現できます。

  • 設計現場力の向上編

    設計現場のデジタル化とは、3D 設計環境を導入と活用することです。設計環境を一気に 3D 化するのは簡単なことではありません。そこでオートデスクでは、既存の 2D 環境や設計資産を生かしながら、2D と 3D の「いいところ取り」を提案します。実際に「いいところ取り」に成功したお客様事例を交えながら、設計現場のデジタル化への最適な方法をご紹介します。

  • これからの時代の設計生産性の向上編

    設計現場の生産性を高めるためには、どうすれば開発効率と設計生産性を向上させ、設計者のワークライフ バランスを整えてビジネスの収益性を改善できるでしょうか。キーワードは「1. 自動化」、「2. 設計環境の最適化」、「3. 設計情報の可視化と共有」です。実際に「自動化」したことで、工数 20 % 削減を実現したお客様事例を交えながらをご紹介します。

  • 営業・販売力で、収益を 2 倍に成長させる方法編

    「製品志向(技術志向)」から「顧客志向」へ転換し、営業・販売力を強化するためには、意外にも「設計」が重要なカギとなることはご存知でしょうか。「設計」段階から、どのようなデジタルな仕組みづくりをすればいいのか、また、その効果について解説します。

今求められる中小製造業の新しい働き方とは? ~いかなる困難にも打ち勝てる強い現場づくり

製造業では、新型コロナウィルス感染症の世界的流行による影響で、サプライチェーンの断絶や需要の減退など、経営を脅かす事態にまで発展するケースも見られ、With/Afterコロナ時代に向けた、企業経営や業務プロセスの在り方、働き方そのものの見直しが求められています。こうした状況を踏まえ、日本のモノづくりを支える中小製造業にBCPの観点を交えながら、 “いかなる困難にも打ち勝てる強い現場づくり”のヒントを提示します。

困難に打ち勝つ現場力を!中小製造業の業務プロセス変革に向けた手引き

変化に対応するために必要な環境整備とは

ITツール導入費用の負担を軽減!各種助成金事務局の開設のご案内


今求められる中小製造業の新しい働き方とは?
~いかなる困難にも打ち勝てる強い現場づくり

製造業では、新型コロナウィルス感染症の世界的流行による影響で、
サプライチェーンの断絶や需要の減退など、経営を脅かす事態にまで
発展するケースも見られ、With/Afterコロナ時代に向けた、企業経営や
業務プロセスの在り方、働き方そのものの見直しが求められています。
こうした状況を踏まえ、日本のモノづくりを支える中小製造業の皆様に、
“いかなる困難にも打ち勝てる強い現場づくり”のヒントを提示します。

製造業における業務改善オンラインセミナー

今だからこそ、業務効率化・生産性向上のために、業務ワークフローを
見直すチャンスでもあります。
4つのテーマに分けて、それぞれの業務での設計データの 有用な活用方法について
ご紹介します。

  • 設計の自動化で「設計ミス」の削減と「商談の精度」を向上

  • 「品質保証」をする上で今や欠かせない構造解析

  • 設備設計や工場レイアウトで必要な「現況管理」とは何か

  • チーム設計のための「データ管理」で設計業務や製品開発をさらに効率化


製造業における業務プロセスの見直し方法とは?
~設計業務でよくあるお困りごとを4つの
ポイントで業務改善!

今の時代だからこそ、業務効率化・生産性向上のために、業務ワークフローを
見直すチャンスでもあります。
「設計の自動化」、「品質保証」、「現況管理」、「データ管理」の
4つのテーマに分けて、それぞれの業務での設計データの有用な活用方法について
ご紹介します。