Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

ADVANCED MANUFACTURING SOLUTION

軽量化設計を可能にする
積層造形ソリューション

TCT Japan 2019 に出展

2019年 1月 30日(水)〜 2月 1日(金)

東京ビッグサイト 東6ホール

オートデスクブース【6T-22】

Autodesk Netfabb セミナー

積層造形をフル活用するためのソフトウェアの役割とは

積層造形の製造プロセスからいくつかのキーとなる工程を効率化することによって、3Dプリンティングを最大限に活用することができます。そのためのソリューションをご紹介します。

1月31日(木)15:05〜15:50 に、東6ホール会場内 TCT Introducing ステージにて講演決定!(参加無料)

展示する造形事例サンプル紹介

  • WHILL Model C

    数々の賞を獲得している次世代のパーソナル モビリティを、ジェネレーティブ デザインによるフレームが実現する軽量化で、だれもが持ち上げられる重量に。

  • Lightning Motorcycles

    最速のオートバイへの挑戦を続けるメーカーが、リア サスペンションの主要パーツであるスイングアームの再設計にジェネレーティブ デザインを活用。

  • ゼネラルモーターズ

    シートベルトのブラケットを統合した部品にすることで、軽量化と強度の向上を実現より軽量で効果的な、カーパーツ設計の未来に向けた取り組み。

    [写真提供: General Motors]

TCT Japan 2019

オートデスク ブースでは、積層造形ソリューションおよび最適化設計とジェネレーティブ デザインのご紹介に加え、造形事例サンプルを多数展示しています。