Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

昨今の環境を鑑み、オートデスクはマルチユーザー ライセンスの終了時期を引き延ばすと共に、ライトユーザー向けの柔軟なソリューションの導入を促進します

世界中の企業が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する課題への取り組みを継続しており、弊社のサービスをご利用いただいているお客様や業界にコロナウイルスが与える影響を目の当たりにしてきました。

このような通常通りのビジネスを行うことが困難なときに、大きな変更を導入することは本意ではなかった為、この 3 月(英語)、弊社は、マルチユーザー ライセンスのサブスクリプションの更新契約の終了時期を 2021 年 8 月 7 日に引き延ばし、マルチユーザー ライセンスの移行プログラムの開始を 2020 年 8 月 7 日に遅らせました。

しかし、今日までの状況を確認すると、更新可能なライセンスをお持ちのお客様の大多数が移行プログラムを利用しています。感染拡大が進むなか、クラウドベースのライセンスには、大きな価値があることが証明されています。ユーザー単位管理プランへの移行により、お客様はリモートでの作業が容易になり、使用状況データに基づいてコストを最適化し、コラボレーションを改善できるようになります。8 月に開始された現在の移行プログラムは、今後も続行します。

とはいえ、私たちは依然として感染拡大の危機に瀕しており、一部のお客様からは、ライセンスの変更は依然として難しい状況にあると言われています。このようなお客様や、もう少し後で変更を行おうとお考えのお客様を支援するため、弊社はマルチユーザー ライセンスのサブスクリプションの更新可能期間をもう 1 年引き延ばし、2022 年 8 月 6 日までとすることにしました。期間を延長することで、官公庁や教育機関を含む多くのお客様が、新型コロナウイルス感染症への対応を次の段階に進めるのに役立つことを願っています。マルチユーザー ライセンスのサブスクリプションをご利用の多くが官公庁関連のお客様であることがわかっており、独自のニーズを満たすソリューションを引き続きご利用いただけるようにしたいと考えています。

その一方で、使用量に応じた柔軟な購入オプションをお客様に提供するという継続的な取り組みも続けており、(使用頻度の低い)ライトユーザー向けにクラウドベースのライセンス ソリューションを提供する取り組みを進めています。一部のお客様から、月に数日しか製品を使用する必要のないユーザーがいることが報告されています。私たちはそれらの意見に耳を傾け、この 1 年間、従量課金制のライセンスモデルの早期アクセスを提供してきました。弊社はこれらのパイロットの成功を基に構築を進めており、2021 年の後半に、ライトユーザー向けの柔軟なソリューションをご紹介する予定です。

感染拡大が進むなか、明確な終わりもまだ見えず、課題はさらに増すばかりです。クラウドベースのライセンスによるユーザー単位管理プランのメリットを享受するために、マルチユーザー ライセンスのサブスクリプションをすぐに移行できるお客様もいらっしゃいますが、もっと時間を必要とされるお客様もおられると思います。マルチユーザー ライセンスの終了時期を延長すること、ライトユーザー向けの新しいソリューションを市場に投入することは、オートデスクがお客様と協力し、お客様のニーズに応えることを示す証です。

現在展開している移行プログラム、マルチユーザー ライセンスの終了時期の延長、ライトユーザー向けの新しいソリューションについて、質問やご意見がある場合はどうぞお聞かせください。オートデスクに直接ご連絡いただくか、Subscription Changes forum(サブスクリプションの変更に関するフォーラム/英語のみ対応)にご意見をご投稿ください。