Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

インフラストラクチャ
生産性革命

改良された InfraWorks 360

新しい InfraWorks 360 では、Civil 3D との相互連携が強化され、よりリッチでリアルなプロジェクト環境で設計したり、詳細なエンジニアリングをいっそう正確に行えるようになりました。インフラストラクチャ プラットフォーム用の次世代の BIM /CIMを使って設計を最適化し、プロジェクトの成果を向上できます。

製品体験版(無償)

ニーズに合った

INFRAWORKS 360 をお選びください

ご購入検討

InfraWorks 360 Customers Only

Not on InfraWorks 360?

設計業務の効率化

正確さと精度

等高線、断面ビュー、設定可能な単位と精度。設計作業でエンジニアに必要なこれらの機能だけでなく、豊富な機能が InfraWorks 360 に搭載されました。

  • ビュー(英語)

  • 地形等高線の表示(英語)

  • 断面ビュー(英語)

  • 区画ベースの盛土機能(英語)

  • 単位の設定(英語)

  • 洪水シミュレーション(英語)

道路設計

より本格的な道路設計

車線、縁石、歩道などのスマート コンポーネントを使用して道路と関連する排水を設計し、ジオメトリや勾配、横断勾配摺り付けなどのプロパティを個別にコントロールできます。

  • コンポーネント道路(英語)

  • 横断勾配摺り付け(英語)

  • ランプと中央付加車線(英語)

  • 環状交差点の設計(英語)

点群

生産性の向上

InfraWorks 360 では、点群を解析して、地形モデルだけでなく、標識、電柱、樹木などのフィーチャを自動で認識して作成できるようになりました。

  • 点群から地形を生成(英語)

  • 点群からフィーチャを生成(英語)

橋梁設計機能

より詳細なコントール

機能の強化

橋梁設計のニーズに応えて機能が強化され、橋梁路面や桁の詳細設計をコントロールしたり、さらには橋の長さに沿って断面を変更できるようになりました。

  • 構成要素ベースの橋梁設計(英語)

Civil 3D との互換性

連携ワークフローのパワー

複数の設計コンセプトを効率的に評価してから、Civil 3D や Revit でモデルを使って詳細設計を行ったり、重要な情報の損失を最小限に抑えて図面を作成できます。

  • 環状交差点のモデリング(英語)

  • Revit と連携した橋梁設計(英語)

  • IW 360 と Civil 3D ワークフロー(英語)

最新機能を入手

オートデスク製品のサブスクリプションメンバーになると、最も柔軟かつコスト効率の高い方法で設計およびエンジニアリングェア ツールを使用、管理できます。

以下のような特典があります。

  • 最新のソフトウェアと拡張機能の入手
  • 柔軟な利用期間
  • 強力なクラウド サービス

サブスクリプション メンバー

サブスクリプションメンバーでない方

インフラ設計を見直しませんか? ぜひ、ご検討ください。

インフラ設計を見直しませんか?

ぜひ、ご検討ください。