構造エンジニアがコレクションを使用する主な​理由

全体的な設計時間が短縮

面倒な​反復的なモデリング作業を行う時間を短縮できます。 修正や作業の手戻りの必要性を最小限に抑えます。

エラーや手戻りが低減

詳細な 3D 構造と 2D ドキュメントを作成できます。設計モデルから複雑なモデルへの移行が可能です。

コラボレーションが改善

信頼できる一元的な情報ソースを使用して、多分野チームを安全に連携させます。変更依頼や指摘事項を簡単に作成して割り当て、追跡できます。

構造エンジニアによる AEC Collection の使用方法

Revit における統合された構造解析


Robot Structural Analysis Professional で構造設計を最適化


Revit でコンクリート設計を作成


Revit で鉄骨接合を設計


Revit における統合された構造解析


Robot Structural Analysis Professional で構造設計を最適化


Revit でコンクリート設計を作成


Revit で鉄骨接合を設計


構造エンジニアによる AEC Collection の使用方法

鉄骨接合の自動化


曲線上の構造フレーム


Autodesk Docs ですべての設計ドキュメントを管理


設計レビューと干渉チェック


鉄骨接合の自動化


曲線上の構造フレーム


Autodesk Docs ですべての設計ドキュメントを管理


設計レビューと干渉チェック


オートデスクのエキスパートとライブやオンデマンドでつながる


AEC Collection によって生産性とコラボレーションを向上させ、エラーを減らす方法についてのウェビナーにご参加ください。

「各ソフトウェアの特性を最大限に生かし、プロジェクト全体で情報をやり取りしています。同期された情報を使用して 3D 環境で連携して作業する方法は、すばらしく効果的です」

- Graef、プリンシパル、Michael Vogel 氏

次の一歩を踏み出しませんか?