Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

exiii 株式会社

AKIBA発

ものづくり革命の担い手たち

exiiiと名付けられた、秋葉原の小さなメーカーの若いエンジニアたちが、全く新しい義手を開発しました。 それは3Dプリンタで出力して誰でも簡単に作れる電動義手。しかも、その設計&製造ノウハウは世界に公開されています。既存の技術やツール類を起爆剤に彼らが進める、この小さな革命は、まだ誰も見たことのない、新たな「ものづくり革命」の萌芽にほかなりません。

このストーリーをシェアする

画像提供元:exiii 株式会社
画像提供元:exiii 株式会社

人間の「手」
―その驚異を出発点に

バスケットボールが大好きな近藤玄大氏は、子どもの頃から、パスしドリブルしシュートする「手」の精妙な動きに魅せられました。それが全ての始まりでした。彼は文字どおり人間の「手」の虜となり、大学では義手の研究に打ち込み、大学院ではアメリカにも留学。卒業後は Sony でロボット工学分野の研究に携わったのです。

研究の忙しさに追われ、いったんは「義手」から遠ざかった近藤氏でしたが、職場に 3D プリンタが導入されると全てが一変しました。3Dプリンタで新製品のプロトタイプを作りながら、「これで義手も出力できるのでは?」と思いついたのです。“義手というプロダクトには、まだまだ大きな可能性がある!” そんな思いが、彼の背中を力強く押しました。

3Dプリンタで閃きをカタチに

近藤氏の大学院時代の研究仲間、山浦博志氏は Panasonic の機械系エンジニア。初任給で 3D プリンタを購入した逸話の持ち主です。その 3D プリンタから 3D モデルの手指が出力されるのを見るうちに、近藤氏の思いつきは確信に変わります。バッテリ電源式の電動義手を3Dプリンタで製作しよう!2人は Panasonic の工業デザイナー 小西哲哉氏に声をかけ、ここにチームが生まれました。

550kmを超えプロトタイプ製作へ

3人はそれぞれの職場に在籍したまま、最初のプロトタイプ製作に着手します。近藤氏の職場(東京)と山浦・小西両氏の職場(大阪)の間には約550kmもの距離がありましたが、若者たちは ウェブと宅急便でその距離を超え、それぞれの空き時間をフルに活用しながら開発を進めていったのです。

世界の舞台で脚光を浴びる

やがて完成したプロトタイプを、3 人は国際的なデザイン・エンジニアリング賞「ジェームズ ダイソン アワード 2013」に出品。応募作650点中2位という快挙を成し遂げ、さらに国内最大のハードウェアコンテスト「Gugen 2013」では優勝を果たし大きな注目を集めました。

熱いハートの試作試験サポーター

数々の受賞に輝く新しい電動義手が全国ネットのテレビ番組で紹介されると、新しい出会いも生まれました。事故で腕を無くした森川章氏が「使ってみたい!」と Facebook を通じてチームに連絡してきたのです。

新スタートアップ企業、誕生

森川氏はこの新しい義手に対する熱い気持を語り、協力を申し出ます。その思いを受けとめた 3 人は彼の強い気持に勇気づけられ、2014年、いよいよ勤務していた企業からのスピンアウトを決意。数カ月後、 exiii 設立を発表したのです。

進み続ける夢を、支え続ける技術

2015年後半の時点で、exiii はすでに豊富なカスタムオプションを備えた3種の電動義手を発表しています。いずれも 3D 設計ソフトウェアや家庭用 3D プリンタなど一般的な技術を用いて製作され、同時にそのアイデアやリソースはオープンソース方式により世界へと公開されています。

画像提供元:exiii 株式会社

義手の常識を超えた義手

ただモノをつかむだけの電動義手ならば、半世紀も昔から存在しています。しかし、それは未だに高価(150万円以上)で、個人では容易に入手できません。そんな現状を根本的に変えてしまおう、というのが exiii の構想です。家庭用 3D プリンタと市販の材料を使い、消費者みずから3Dプリントして組立て、実際に使える、安価で実用的な電動義手。それ が exiii のめざす電動義手なのです。

  • 材料費として3万円程度ででき上がる低コスト
  • 日常生活で必要な機能に特化した実用的かつシンプルな設計
  • 3D プリンタで製造、カスタマイズ、組立も簡単

腕時計やスニーカーのように自己表現の1つにもなり得るのが、exiiiの電動義手の特徴です。「たとえば、その日のファッションに合ったカラーを選べるとか、身に付けて楽しい義手を目指しています」。

小西哲哉氏
CCO デザイン担当

「私の“究極の目標”は、手を失った人がみずから3D プリンタで造れるような義手です。世界を生産する人と消費する人に二分してしまうのではなく、誰もが自分の欲しいものは自分で創れる、そんな世界に暮らしたいと思っているのです」

近藤玄大氏
CEO ソフトウェア開発担当

電動義手のメカニズム

(腕の) 筋肉

(義手) 筋電センサー

手の動き

限りなく進化する設計プロセス

exiii の電動義手は、ユーザからのフィードバックを限りなく積み重ねながら進化し続けています。フィードバックの結果に基づき仕様を変更してそれを洗練させ、さらにその結果をテストしてユーザの声を取り入れる。この一連のプロセスをつねに繰り返していくことで、機能とデザインの継続的な進化と向上を実現しているのです。その限りない積み重ねは、いまある 3 つのプロトタイプに結晶しています。

handiii

  • 使用者の筋肉から電気信号を収集し、スマートフォンを通じて指の動きに変換
  • 6個のモーターを使用(各指の根元に1個ずつと親指の回転用に1個)
  • 3D プリンタで製作でき、修理やカスタマイズが簡単
  • ユーザの希望や好みに合わせ、色、触感、機能を選択可能

handiii COYOTE

  • ユーザ個々の腕の太さや長さにフィットするユニバーサルソケットを実現
  • 2〜3時間の連続使用が可能な非充電式リチウム電池を採用

HACKberry

  • より軽く、よりコンパクト(人間の手とほぼ同サイズ)
  • ものをつまむ動作にフォーカス
  • 3 つのモーターとしなやかな手首を備えたシンプルな設計
  • 充電可能なデジタルカメラ用バッテリを使用
  • 世界の開発者やユーザにオープンソースとしてリソースを公開

handiii

  • 使用者の筋肉から電気信号を収集し、スマートフォンを通じて指の動きに変換
  • 6個のモーターを使用(各指の根元に1個ずつと親指の回転用に1個)
  • 3D プリンタで製作でき、修理やカスタマイズが簡単
  • ユーザの希望や好みに合わせ、色、触感、機能を選択可能

handiii COYOTE

  • ユーザ個々の腕の太さや長さにフィットするユニバーサルソケットを実現
  • 2〜3時間の連続使用が可能な非充電式リチウム電池を採用

HACKberry

  • より軽く、よりコンパクト(人間の手とほぼ同サイズ)
  • ものをつまむ動作にフォーカス
  • 3 つのモーターとしなやかな手首を備えたシンプルな設計
  • 充電可能なデジタルカメラ用バッテリを使用
  • 世界の開発者やユーザにオープンソースとしてリソースを公開
画像提供元:exiii 株式会社

オープンソースが生みだす
新コミュニティ

HACKberry モデルの発表とともに、exiii チームはこの最新試作品の設計データをオープンソース化しました。狙いは開発のさらなるスピードアップ。いまや興味があれば誰でも exiii のウェブサイトでデータを入手し、YouTube で組立て手順まで見られます。まさに、世界のエンジニアや学生、そして義手ユーザが HACKberry を無料で入手し、その開発に参加できる環境が誕生したのです。
世界の人びとが、HACKberry をベースにさまざまにカスタマイズした義手を創り始めています。たとえばポーランドの男性は左利き用 HACKberry を製作。その左利きモデルをベースに、彼の友人の息子のための「子どもサイズ義手」を造りました。ここにはすでにオープンソース・コミュニティとも呼ぶべき場所が生まれており、そこから発信される多彩な情報やメッセージは、exiii チームが製品を限りなく進化させる強力な原動力となっています。
「オープンソース化の目的は開発プロセスのスピードアップでした。実際、私たち 3 人だけでどれほど努力しても、HACKberry の実用化には相当な時間が必要だったでしょう。しかし、オープンソース化により、今やその開発プロセスは驚くべき速さでネットワークに拡がり、さまざまな方面に広がっていると実感しています」
山浦博志氏
CTO 機械開発担当

ものづくりで “あなた自身” を表現しよう

exiii は、義手というフィールドに過剰なこだわりを持ちません。機会があれば、他分野への進出にも躊躇はないでしょう。「もし私たちが義手の専業メーカーを目指していたら、社名は製品と同じ『handiii』にしていました」と近藤氏は語ります。「しかし、私たちのビジョンは当初から“ロボティクスとデザインで日常を楽しく”であり、製品名とは異なる社名を選ぶのが当然でした。実際、私たちはいつでも他分野への挑戦を始める準備ができています」
そんな exiii のビジョンには、多くの人が多様なコミュニティと結びつきながら、それぞれ独自に製品を開発してほしい、という願いが込められています。「私たちはいま、ものづくりを目指す人間にとって最高の時代を生きています。3D プリンタや多様なオートデスク製品など、ものづくりに必要なインフラは全て整えられています」と近藤氏は言います。「設計者でもエンジニアでもない人が独自に問題を見つけて、自らものづくりしてしまう――そんな社会を私は見たいのです」
画像提供元:exiii 株式会社
画像提供元:exiii 株式会社
画像提供元:exiii 株式会社
「大企業で働きながら、あるいは高校に通いながら、誰もが空いた時間で“ものづくり”を行い、それを世界に発信できる時代です。そこからビジネスを生みだすのも1つの方法ですが、もっとも大切なのは“ものづくり”を通して自己表現することそのものです。まずはものを作ることで自分を表現する、そんな意識を持つことから、始めてみようではありませんか」
近藤玄大氏
CEO ソフトウェア開発担当

このストーリーをシェアする

画像提供元:exiii 株式会社