オートデスク製品を使用した Volkswagen Group of America によるホイールの設計

フォルクスワーゲンがジェネレーティブ デザインを活用してクラシックな VW バスを再設計

ものづくりの未来

 

このストーリーを シェア:

カリフォルニア州のシリコンバレーにあるフォルクスワーゲンの Innovation and Engineering Center は、象徴的なモデルである「タイプ 2 バス」の再開発に取り組みました。この新たなバスは、自動車業界の未来を形作るテクノロジーをふんだんに取り入れた電気自動車です。車両の軽量化を図り、材料や部品を減らすと同時に強度を維持する方法を探るために、開発チームは自動車軽量化の手段としてジェネレーティブ デザインに注目。Fusion 360 により、いくつもの製造方法を検討しながら、ホイールの質量を減らす方法を短期間で開発できました。その結果、従来のバンに斬新なデザイン アイデアを加え、ホイールの重量を 18% 削減することに成功しています。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}