Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Autodesk App Store - BIM 360 開発者向け情報

このガイドは、Autodesk App Store で互換性のあるアプリを無料版、体験版、有料版のいずれかで初めて公開する開発者を対象としています。Autodesk App Store 向けに製品を作成する際のベスト プラクティス ガイドラインおよび満たす必要があるいくつかの要件について説明します。これらのガイドラインは、Autodesk App Store から複数の製品をダウンロードまたはアクティベートするユーザに一貫性のあるサービスを提供できるようにするためのものです。

要件

初めてパブリッシャー登録を行う際には、Autodesk App Store での公開に必要な要件の詳細なリストが表示されます。以下の情報は、その概要です。内容に相違がある場合は、オンラインの Publisher Agreement が優先されます。

  • 互換性

    BIM 360 Team または BIM 360 Docs に関連した製品(それぞれの BIM 360 で使用可能な製品)である必要があります。

  • HTML ヘルプ ページ

    BIM 360 Docs との互換性を持たせる場合は、ユーザが統合として追加できるように、[Forge クライアント ID]と[アプリ名]を持つページを表示させる必要があります。また、詳しい操作ガイダンスを記載したクイック ヘルプを表示させる必要があります。チュートリアルのセクションを参照してください。

  • すぐに実行できる

    製品は、インストール(デスクトップの場合)またはアクティベーション(Web アプリの場合)後すぐに実行できるようにする必要があります。

     

    すべてのアプリケーションでは、公式に文書化された製品 Forge API と承認済みの OAuth ワークフロー(2-legged または 3-legged のいずれか)のみを使用できます。

     

    アプリケーションは、公開リンクや共有可能リンクあるいはパブリック ストレージなどのパブリック ドメインで、BIM 360 データが公開されるものであってはなりません。

ガイドライン

以下に、互換性のあるアプリにおけるユーザ エクスペリエンスのガイドラインを示します。

    • Autodesk サイン インの使用:アプリで 3-legged Oauth 認証が必要な場合は、アプリの Autodesk ロゴに続いて[サイン イン]の文字を表示させることを強くお勧めします。

チュートリアル

詳細情報

Forge チームは、Autodesk App Store にアプリを適切に公開するためのお手伝いをします。サポートが必要な場合は、いつでもお問い合わせください。公式のドキュメントは、開発者ポータルForge ブログからご利用いただけます。ご不明な点がありましたら、StackOverflow で autodesk-bim360 タグを使用して質問を投稿してください。

 

Autodesk App Store をご利用いただきありがとうございます。