Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Autodesk App Store - Autodesk Inventor 開発者向け情報

このガイドは、Autodesk App Store でプラグインやその他のコンテンツを無料版、体験版、有料版のいずれかで初めて公開する開発者およびコンテンツ プロバイダを対象としています。Autodesk App Store 向けに製品を作成する際のベスト プラクティス ガイドラインおよび満たす必要があるいくつかの要件について説明します。これらのガイドラインは、Autodesk App Store から複数の製品をダウンロードするユーザに一貫性のあるサービスを提供できるようにするためのものです。

要件

初めてパブリッシャー登録を行う際には、App Store での公開に必要な要件の詳細なリストが表示されます。以下の情報は、その概要です。内容に相違がある場合は、オンラインの Publisher Agreement が優先されます。

すべてのコンテンツ タイプ

オートデスク側で必要となる情報の大部分は、コンテンツを申請する際に記入する Web フォームを介して集められます。その際には、製品のダウンロードに含まれる、オンライン表示可能な HTML クイック スタート ページを生成するための情報も収集されます。その他の要件は次のとおりです。

  • 互換性

    Inventor 2019 に関連した製品(および Inventor 2019 で使用可能な製品)であり、Inventor 2019 でサポートされている Windowsオペレーティング システムで動作する必要があります。また、Inventor 2018/2017/2016 との互換性があることを記載することもできます。

  • HTML ヘルプ ページ

    アプリの申請時にドキュメント フォームに入力する情報は、標準形式の HTML ページを作成するために使用されます。この情報によって、ユーザが製品の使用方法をすばやく理解できるようにする必要があります。この標準 HTML ドキュメントからは、追加情報(製品提供者が自社の Web サイトに掲載した追加のヘルプ ファイルなど)を参照することができます。この HTML ページは、Autodesk App Store への製品の申請時に記入する情報を使用して作成されます。

  • ユーザ権限

    オートデスクが作成する標準の App Store アプリ インストーラを使用することを強くお勧めします。ストア アプリの既定のユーザ権限は、Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10 管理者ユーザです。オートデスクによって作成されるインストーラには、インストール時に上位のユーザ権限が必要です。インストールにオートデスクの標準のインストーラ テンプレートを使用しない場合や、アプリ インストーラで上位のユーザ権限を使用しない場合は、ストアに表示される製品の説明にその旨を明確に記載する必要があります。製品は、インストール後「すぐに実行できる」ように準備が整っている必要があります。手動によるファイルのコピーや登録をユーザに求めたり、設定(サポート パスなど)の手動による編集をユーザに求めないようにしてください。

  • すぐに実行できる

    ライセンス システムを使用する場合は、ユーザによるインストール後、製品をすぐに実行できる必要があります。つまり、インスタント アクティベーション(たとえば、オンライン アクティベーション)を実行できるようにするか、製品でアプリケーションの全機能を一定期間利用できるようにし、その間にアクティベーション情報を顧客に送信するようにします。

  • 製品の安定性

    レジストリ フリーの新しいアドイン メカニズムを使用すれば、自動インストール手順を大幅に簡素化できます。製品には安定性が必要です。不適切と見なされる動作が発生したり、Inventor の動作が不適切に変更されるものであってはなりません(標準機能をブロックする、別のプラグインの機能をブロックする、データ消失の原因となるなど)。

アドイン

アドインには次の追加要件があります。

    • レジストリ フリーのアドイン メカニズムを使用します。オートデスクは標準バンドル インストーラ テンプレートを使用して、ストアからダウンロードしたコンテンツをデプロイします。
    • オートデスクでは、アプリでこのメカニズムを使用するための移行作業のサポートを提供しています。アドインでは、必要に応じて、該当する UI 要素を Inventor リボン バーに追加する必要があります。トランスレータ アドインには、Inventor の標準のトランスレータ アドイン メカニズムを使用する必要があります。

DevTV

レジストリ フリーの Inventor アドイン - Inventor 用のレジストリ フリー アドインの設定方法と、App Storeでの公開準備ができたインストール フォルダのフォーマット方法を説明します。

パーツ ライブラリおよびアセンブリ ライブラリ

コンポーネント ライブラリには、次の追加要件があります。

    • ライブラリ(ipt/iam ファイル形式)は、以下のフォルダのサブフォルダにインストールします。
      • Windows 7/8/8.1/10: %PUBLIC%\Documents\Autodesk\Inventor (通常は、C:\Users\Public\Documents\Autodesk\Inventor)
      • Windows XP: %ALLUSERSPROFILE%\Documents\Autodesk\Inventor (通常は、C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Autodesk\Inventor)

    この場合も、オートデスク側で MSI インストーラを作成できます。また、この新しい場所のライブラリを使用するための修正を行う際のサポートも提供します。必要な作業は、コンテンツの提供のみです。

    • ライブラリでは、アドインに関連する UI 要素を Inventor リボン バーに追加する必要があります。リボン バー UI にはライブラリ コンポーネントへのアクセス手段を備えるか、アクセス方法を説明するヘルプ ファイルを用意する必要があります。

スタンドアロン アプリケーションとその他のコンテンツ

Inventor に統合されない製品には、追加要件はありません。該当する製品は、eBook、ビデオ チュートリアル、業種専用の計算ツール、クラウドベースのサービスへのコネクタなどです。

ガイドライン

  • リボン バーを使用する

    必要に応じてアプリケーションにリボン バー要素を追加することをお勧めしますが、追加方法はアドインの設計によって異なります。

    • 少なくとも、アドインで定義されたメイン コマンドを呼び出すためのパネルか、ライブラリの使用方法を説明するヘルプ ファイルを表示するパネルを、それぞれのアドインまたはコンテンツ ライブラリの[アドイン]タブに追加する必要があります。
    • 通常、パネルを 1 つのみインストールするアドインの場合は、そのパネルを[アドイン]タブに追加します。
    • 複数のリボン バー パネルを作成するアドインの場合は、そのアドイン専用の新しいタブを作成すると便利です(通常は、アドインの名前をタブ名に使用します)。
    • アドインを介して他の UI 要素(メニューバーやツールバーなど)を追加することもできますが、可能であれば、基本的なリボン バー UI を設定しておくようにしてください。
  • レジストリ フリーのメカニズムを使用する

    アドインのデプロイにはレジストリ フリーのメカニズムを使用することを強くお勧めします。

     

    Autodesk App Store(Autodesk App Store for Inventor)で入手可能な無料のアドインをいくつかダウンロードして、それらのフォーマットについて調べることもできます。

  • 遅延ロードを使用する

    Inventor の起動直後にアドインをロードする必要がない場合は、必要な場合にのみアドインをロードするように設計する必要があります。こうすることによって、インストール済みアドインが Inventor の起動パフォーマンスに与える影響を最小限に抑えることができます。.addin メカニズムを使用すると、ディマンド ロード設定をアドインに非常に簡単に設定できます。

詳細情報

ADN チームは、Autodesk App Store にアプリを適切に公開するためのお手伝いをします。サポートが必要な場合は、いつでもお問い合わせください。ガイドラインやその他のドキュメント( www.autodesk.com/developapps に掲載)についてご不明な点がありましたら、appsubmissions@autodesk.com 宛てに電子メールでお問い合わせください。

 

Autodesk App Store をご利用いただきありがとうございます。