Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Inventor デベロッパー センター

Autodesk Inventor ソフトウェアは、専用の機械設計アプリケーションを構築できるだけではなく、製造業者の上流工程、下流工程、エンタープライズ アプリケーションとのインタフェースとしての役割を果たす、柔軟な開発プラットフォームです。Inventor の詳細については、Autodesk Inventor プロダクト センターをご覧ください。

 

Inventor は、COM オートメーション インタフェースを使用してプログラミング インタフェースを公開します。このインタフェースには、Microsoft Visual C++®、VB、C#、Delphi など、現在の一般的なプログラミング言語を使用してアクセスできます。Autodesk Inventor には、世界で最も多く利用されているプログラミング環境である Microsoft の VBA が含まれています。

  • これはプログラミングの世界を無理なく学ぶことができる、自習式のチュートリアル ガイドです。1 つの場所で必要なことを学べる「ワンストップ ショップ」方式で、Revit については詳しくても、プログラミングは未経験というユーザが、プログラミングの学習を開始するのに適した内容になっています。このガイドでは、Autodesk Inventor COM API と Visual Basic プログラミング言語を使用して作業します。

  • ブログ

    Autodesk ソフトウェアのエンジニアが最新ニュース、専門的なヒント、未公開情報を直接ご紹介します。

  • Autodesk ソフトウェア エンジニアがモデレータを務める API ディスカッション フォーラムにご参加ください。

  • エンドユーザ向けに作成されたアプリケーションを利用することで、Inventor の機能を簡単に拡張できます。

  • ご使用の Web アプリケーションやモバイル アプリケーションで、Autodesk クラウドベースのソフトウェアやコンポーネントの Forge API、ドキュメント、チュートリアル、GitHub サンプル、サポートなどに簡単にアクセスできます。

  • 学習

    Inventor の API の詳細については、Inventor に付属している Inventor のプログラミング ヘルプを参照してください。概要、オブジェクトや関数の詳細な説明、サンプル プログラムが用意されています。こちらからご利用ください。

     

    DevTV: Introduction to Inventor Programming(Inventor プログラミング入門)。Autodesk Inventor での開発の始め方をデモンストレーションを交えて説明する自習式のビデオ チュートリアル。

     

    DevTV: RegistryFree Inventor Add-ins(RegistryFree Inventor アドイン)Inventor のレジストリ フリーのアドインを設定する方法と、ストアでの公開用にインストール フォルダをフォーマットする方法について説明します。

     

    トレーニング マテリアル: 次の github リポジトリに保存されている Inventor API トレーニング マテリアルを利用することもできます。https://github.com/ADN-DevTech/Inventor-Training-Material

     

    日本語の Inventor API トレーニング マテリアルは こちらからダウンロードすることができます。

Tools

Inventor SDK

Inventor SDK は、Inventor のインストール時にデフォルトでインストールされます。Inventor のプログラミングを行う際に使用するサンプル プログラムとツールが含まれています。SDK は、次の場所にインストールされます。C:\Users\Public\Documents\Autodesk\Inventor <version>\SDK

インストールすると、SDK フォルダ内に DeveloperTools.msi、UserTools.msi、SDK_Readme.htm の 3 つのファイルが含まれています。 SDK 情報にアクセスするには、.msi ファイルの 1 つまたは両方をインストールする必要があり、エクスプローラーで .msi ファイルをダブルクリックしてインストールすることができます。

 

UserTools.msi

UserTools.msi ファイルには、Inventor 製品自体には備わっていない、Inventor ユーザの特定のタスクを自動化するのに役立つ複数のアドインとスタンドアロンの実行可能ファイルが含まれています。このコンポーネントをインストールすると、アドインとスタンドアロンの実行可能ファイルを含むツールのフォルダが作成されます。 ソース コードをコンパイルすることなくツールをすぐに使用できるように、dll と exe ファイルがインストールされます。 ツールのソース コードもインストールされ、これはサンプルとして使用することも、修正を加えてこれらのツールの動作を変更したり拡張したりすることもできます。

 

ユーザ ツール インストーラには、DrawingTools、GeneralTools、DerivedPart_SP、および AutoCustomize のアドインが含まれています。また、ColorSchemeEditor、CopyDesign、PartNumberModifier、および UpdateThreadDesignation のスタンドアロン実行可能ファイルも含まれます。SDK フォルダに UserTools サブフォルダが作成され、プログラムはそこにインストールされます。これらのツールの詳細については、各ツールに関連付けられた個々の "ReadMe.txt" ファイルを参照してください。

 

DeveloperTools.msi

DeveloperTools.msi では、開発者が Inventor API を使用してアプリケーションを記述するのに役立つ追加のサンプル プログラムといくつかのツールをインストールできます。このコンポーネントをインストールすると、DeveloperTools サブフォルダが含まれているフォルダが作成されます。DeveloperTools サブフォルダ内には以下のサブフォルダがあります。

  • Docs

    これには、さまざまなオブジェクト間の関係を理解するのに役立つオブジェクト モデル図のチャートが含まれています。このフォルダには、Inventor プログラムのユーザ インタフェースを作成するときに使用するいくつかのガイドラインも含まれます。

  • Include

    このフォルダには、VC++ を使用するプログラマに向け設計されたいくつかのヘッダ(.h)ファイルが含まれています。これらのファイルの情報は他の環境で役立つこともあります。

  • References

    このフォルダには、現在は内部でのみ使用され、レジストリフリーのアドインではもう使われていないユーティリティが含まれています。

  • Samples

    このフォルダには、複数の異なる言語で記述された多数の比較的大きいプログラムが含まれており、Inventor の API にアクセスして使用するさまざまな方法を実演します。

  • Tools

    このフォルダには、Inventor の API を操作するときに役立つユーティリティである 2 つのプログラムが含まれます。

    1 つ目は EventWatcher と呼ばれ、Inventor 内で発生する特定のイベントを指定して監視することができます。このツールは、Inventor 内でイベントを使用するプログラムを記述する場合に非常に便利です。このツールを使用すると、イベントの動作をより理解できるため、プログラム内で活用する方法を知ることができます。

    2 つ目は ThumbnailView と呼ばれ、Inventor を実行することなく、Inventor ドキュメントからサムネイル イメージを抽出できる小さいコンポーネントです。この使用について説明および実演する Readme といくつかのサンプルがあります。

  • AutoCAD 2015-16 DotNet Wizard

    このフォルダにはウィザードのインストーラは含まれず、ウィザードの使用について説明する Readme のみが含まれるようになりました。以前は、アドイン ウィザードをインストールする追加の手順がありましたが、このウィザードは SDK インストーラの一部としてインストールされるようになったため、別個のウィザード インストーラは必要なくなりました。

    ウィザードは、スケルトン Inventor アドイン プロジェクトを作成するために Visual Studio 内から使用されます。

  • Apprentice

    Autodesk Inventor Apprentice は無料の COM サーバであり、スタンドアロン アプリケーションから Inventor ドキュメントへのクエリー アクセスが可能になります。アセンブリ構造、ソリッド トポロジ、ジオメトリへのアクセスのほか、ファイル参照とドキュメント プロパティへのクエリー/編集アクセスも含まれます。Apprentice は Inventor の一部としてインストールされ、無料で利用可能な Inventor View(こちらからインストール可能)の一部としてもインストールされます。ドキュメントとサンプルは、Inventor SDK の一部として含まれています。

  • オブジェクト モデル チャート

    オブジェクト モデル チャートは、利用可能なオブジェクトを知ったり、目的のオブジェクトを取得するためにオブジェクト階層をナビゲートする方法を確認する際に大変便利です。最新バージョンには、SDK(C:\Users\Public\Documents\Autodesk\<Inventor version>\SDK\DeveloperTools\Docs>)からアクセスできます。オンライン バージョンの場合は、こちらをクリックしてください。

     

Autodesk Inventor 認定アプリケーション プログラム

Autodesk® Inventor™ Suite は、幅広さ、深み、品質に優れ、サードパーティ製のコンパニオン アプリケーションに対して業界をリードしています。Autodesk Inventor は、ベストセラーの 3D 機械設計ソフトウェアであるだけではなく、専用の 3D 設計機能を提供する最先端のプラットフォームでもあります。現在、100 を超える Autodesk Inventor 認定アプリケーションがあり、さらに増え続けています。パートナーになり、Autodesk Inventor コンパニオン製品の新たな市場を開拓してください。Autodesk Inventor 認定アプリケーション ロゴを持つパートナー製品は、Autodesk Inventor API(アプリケーション プログラミング インタフェース)を使用し、オートデスクの品質ガイドラインとテスト基準を満たしているため、最高レベルの相互運用性を備えています

 

プログラムの詳細については、こちら(英語)を参照してください。

SolidWorks 用のアプリケーションを Autodesk® Inventor™ 用に移植しませんか。

既に SolidWorks で開発をしているが、Autodesk Inventor のサポートも開始する予定の開発者を支援するために 2 つのガイドが作成されました。

まず、SolidWorks から Inventor へのマイグレーション ガイドでは、2 つの API の類似点を取り上げ、 SolidWorks から Inventor プラットフォームに移植する際に必要となる可能性のある変更点について例を挙げて説明しています。このガイドでは、開発者の観点から見た、2 つの製品の主な違いについても取り上げています。

 

  • SolidWorks to Autodesk Inventor Guide(SolidWorks から Autodesk Inventor への移植ガイド) - SolidWorks と Autodesk Inventor の違いの 1 つは、アドイン アプリケーションでのグラフィックの操作方法です。そのため、Inventor のクライアント グラフィックス システムを紹介する 2 つ目のガイドも作成しました。

 

  • Client Graphics in Autodesk Inventor(Autodesk Inventor のクライアント グラフィックス) - アプリケーションの Autodesk Inventor への移植に関してご不明な点がありましたら、お気軽にオートデスクまでお問い合わせください。